事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します

「厩戸王」推進派の理論

 

 

先日の日記にて、新学習指導要領案で「厩戸王」の表記が採用されていることについて、なぜそう考えてはいけないのかという点について書きました。

 

 

nathannate.hatenablog.com

nathannate.hatenablog.com

 

では、逆に「厩戸王」推進派はどのように考えているのか?ということについて、簡単に紹介していきたいと思います。より詳しい批判、解説は検索によって出てきます。ここでは専門的な知識がなくても大枠を掴めるようかいつまんで紹介します。

 

 

虚構説の出発点~大山 誠一・「聖徳太子」の誕生1999/4 

 

厩戸王」推進派は、「聖徳太子虚構説」の立場のようであり、大山誠一という人物のこの書籍が、虚構説が世に認知された最初のもののようです(ずいぶん最近ですね)

この中で虚構説の根拠として上げているのが

 

「日本書記」の記述が中国の書物に書いてあることと違うから

 

 
というものです。
中国の書物とは、隋書「倭国伝」というものですね。
「当時の文化水準では儒教仏教などの中国思想を深く理解できるはずはなかった」などという分析(?)が平気で出てくる。
また、「聖徳太子の時代には天皇の称号はまだ使われていなかった」という理由で、「厩戸皇子」の使用を回避すべきであるという見解もありますが、要するに、日本書記の記載が信用ならないという前提に立っています。
 
一体なぜ、我が国の書物よりも外国の書物の記述が正しいという前提に立つのか?この点からして既に疑問が湧いてくるのが自然です。隋書の記述についても、内容が不正確であるという疑義が呈されていることを完全に無視しています。
 

 

最近の虚構説論者ー関裕二

 
関裕二さんは、Amazonで調べれば聖徳太子関連の書籍をたくさん執筆されている方です。ここでも「日本書記」の記述が信用ならないとする見解ですが、
 
天武天皇聖徳太子の息子である(!?)
 
という仮説を述べています。本人もこれは明確に仮説と言っていますが、一部の界隈では、このような見解がまるで正当な学説であるかのような受け止め方がされてしまっています。
 
f:id:Nathannate:20170309220923p:plain 

虚構論者の破綻

 
http://toyokeizai.net/articles/-/118796

この記事は、おそらく上記の関裕二さんの見解を下敷きにしていると思われるものです。

 『「厩戸王(うまやとおう、574~622)」は飛鳥時代の政治家です。本名は「厩戸豊聡耳皇子(うまやとのとよとみみのみこ)」』


とあるように、虚構説の立場に立った見解からも、本名を採用していないことになります。「厩戸王」の表記が何らかの書物に記載があったということは、この記事では言及されていません。

『そのとき天武天皇は「厩戸王」というひとりの人物に着目します。彼と同時代に行われた数々の施策を誇大評価し、これらの偉業すべての部分で関与したとする「聖徳太子をつくり上げたのです。ライバルである有力豪族に対し、神代から続く自らの血筋の優秀性と日本国の統治者であるという正統性を再認識させようとしたのでは、と考えられています。』

 
天武天皇は生年こそ疑義がありますが623年より前という説は無いようです。没年は686年。すると、上記に示した通り、厩戸王と同世代ではなく、この記事の中で破綻しています。さらに、「自らの血筋の優秀性」となると、天武天皇聖徳太子の子、ということになるため、この点が関裕二氏の見解をベースにしているという根拠の部分です。

 

なんというか

 

仮説に仮説を重ねている感じ

 

が否めませんね。

 

 

結論 「厩戸王」推進派が「聖徳太子」を否定するだけの根拠を示してはいない。


このようにして、「厩戸王」推進派の言説には信用ならない点が多々あります。
歴史書物に明確に記載のある「聖徳太子」や「厩戸皇子」は、まずはそれが正しいという原則的な立場に立たなければいけません。
それよりも、記載のない表記が正しい、という解釈をするのであれば、日本書記の記載が信用ならないとしても更に「王」という呼称が適切であるということの十分な論証が必要ですが、それがなされているとはいえません。
 
パブリックコメントは3月15日までですので、みなさんの手で文科省の役人の目を覚ましてあげてください。
 ページ下部の「意見提出フォームへ」のタブをクリックでメールフォームへ飛べます。
 
 
蛇足ながら、関裕二氏の記事のURLはハフィントンポストのページであり、トランプ大統領がスウェーデンでテロがあったと示唆したとのフェイク記事を最初に書いたメディアであったというのは偶然でしょうか?