事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します

オウム真理教にはなぜ破壊活動防止法が適用されなかったのか

オウム真理教には破防法が適用されず、代わりに新法の適用で観察処分がなされました。なぜオウム真理教には破防法が適用されなかったのか、各所は破防法適用についてどのように動いていたのかを簡単にまとめます。

「安倍総理が小山佐市に選挙妨害依頼」というデマ:裁判所の判決文に見る火炎瓶を投げ付けた犯人の主張

安倍総理が下関市長選で選挙妨害依頼をしていたというデマのまとめ。依頼を受けたと主張する犯人の裁判の判決文から認定された事実を整理します。

朝日新聞が慰安婦訂正記事の検索回避設定は「削除漏れ」と苦しい回答:サイト検索では未だ出てこず

朝日新聞が慰安婦報道に関して間違いを訂正した記事の英語訳を書くも、検索回避のためのメタタグを設定していましたが、朝日新聞が苦しい回答をしていますので紹介します。

国政調査権の限界:浦和充子事件等の関係者を証人喚問した参議院法務委員会と司法権の独立

憲法62条の国政調査権の限界のうち、司法権との関係での限界を推し量る事例として参議院法務委員会が取り上げた浦和充子事件が挙げられます。ここでは参議院法務委員会の動きとそれに対する最高裁判所や世間の反応をまとめていきます。

衆参議院・委員会の国政調査権とその手続規定:愛媛県、今治市の加計問題関連文書を例に

議院の国政調査権の発動方法について整理します。具体的な事案としては、2018年5月に参議院予算委員会が愛媛県(と今治市)に対して加計問題に関連して行政組織内の文書を提出するよう依頼した件を取り上げます。