事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

韓国政府文化体育観光部「FIFAが禁止している」の根拠は何か:IOCに東京五輪旭日旗問題を捏造

f:id:Nathannate:20190912205557j:plain

韓国政府文化体育観光部が「FIFAも旭日旗を禁止している」と主張したとのことですが、発言と実際の状況を確認していきます。

旭日旗 "Rising Sun Flag" と日本の歴史について 

f:id:Nathannate:20190908120342j:plain

最初に、近年の報道によって旭日旗は自衛艦旗として利用されているイメージがメディアでは強いですが、実際には古来から日本の民間において広く利用されてきた意匠であり、それを自衛隊が転用しているに過ぎません。

防衛省と外務省が説明資料を置いてるので確認すると良いでしょう。

あと、何気に英語版の"Rising Sun Flag"のWikipediaも内容が充実しています。

韓国政府文化体育観光部IOCに東京五輪旭日旗問題を捏造

東京五輪で旭日旗禁止を 韓国、IOCに要請 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

韓国政府、IOCに抗議書簡…「旭日旗問題、積極的に出てほしい」 | Joongang Ilbo | 中央日報

韓国政府が国際オリンピック委員会(IOC)に東京オリンピック(五輪)旭日旗問題に関して公式に問題を提起した。

文化体育観光部は11日、「IOCのトーマス・バッハ委員長宛に長官名義の書簡を送り、旭日旗に関する東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の立場に深い失望と懸念を表明した」とし「旭日旗使用の不当性を説明して使用禁止措置を要請した」と明らかにした。

文化体育観光部は書簡を通じて旭日旗が19世紀末から太平洋戦争をはじめとする日本帝国主義のアジア侵略戦争に使われた日本軍隊の旗として、現在も日本国内の極右団体による外国人に対する差別や嫌悪デモなどに広く使われていることを明らかにした。

あわせて欧州の人々にとってナチスのハーケンクロイツが第2次世界大戦の悪夢を思い出させるように、旭日旗は当時日本の侵略を受けた韓国や中国、東南アジアなどアジア諸国に歴史的な傷と苦痛を思い出させる明白な政治的象徴物であることを指摘した。

また国際サッカー連盟(FIFA)でもすでに旭日旗使用を禁止していることを提示した。文化体育観光部は今後も大韓体育会や大韓障害人体育会など関連団体とともに問題解決のために行動していくと明らかにした。

 「国際サッカー連盟(FIFA)が禁止している」の部分は、韓国政府文化体育観光部の説明を述べているものです。メディアによっては今回新たにFIFAが声明を出したかのように書かれているものがありますが、そうではありません。 

では、韓国の文化体育観光部のHPではどういう説明になっているでしょう?

「FIFAが禁止している」の根拠は何か

보도자료 - 국제올림픽위원회에 도쿄올림픽 욱일기 사용 우려 표명 | 문화체육관광부

国際オリンピック委員会に東京オリンピック旭日旗使用の懸念を表明

また、ヨーロッパにおいてナチスのハーケンクロイツが第2 次世界大戦の悪夢を思い出させるように、旭日旗は、当時の日本に侵略された韓国と中国、東南アジアなどのアジア諸国が、歴史的傷と苦痛を想起させる明白な政治的象徴であることを指摘して、国際サッカー連盟(FIFA)もすでに旭日旗の使用を禁止していることを提示した。

*(過去の事例)このような理由で、アジアサッカー連盟(AFC)は2017 年のアジアチャンピオンズリーグで発生した、日本の観客の旭日旗応援に対して日本のサッカーチームに罰金1 万5 千ドルの罰金懲戒を課した。

FIFAが政治的表現をすることを禁止していること、AFCにも同様の規定があること、川崎フロンターレの韓国水原における試合でサポーターが旭日旗を掲出した行為が「挑発的・政治的・差別的な行為」としてAFCから処分を受けたことは実在する話です。

ただ、それはAFCの規定が適用されて判断されたものであり、FIFAの規定ではなく「韓国における韓国人に対するもの」という限定的状況においてなされた判断でした。

韓国政府がフロンターレの事例をFIFAが禁止している根拠として扱ったのか、単に政治的表現で処罰された事例として紹介したのかは定かではありません。

ただ、後者だとすると韓国政府はどういう根拠でFIFAが禁止していると考えているのか分かりません。

FIFAのHPでは何らの記述もなし

FIFAのページを見ても、旭日旗="Rising Sun Flag"について何か述べているものは見当たりません。

むしろ、現時点で"Rising Sun"で検索すると、Rising Sunの意匠のエンブレムを身に着けたチームを紹介している2015年の記事がヒットしたりしますが、"Rising Sun Flag"で検索しても旭日旗を扱う記事はヒットしません。ほとんどが"the land of the rising sun"という日本の形容表現がヒットするだけです。

ただし、"Hakenkreuz"で検索してもヒットは0でした。FIFAが何らかの意匠を禁止する都度プレスリリースをしているわけではないのでしょう。

FARE networkの資料

f:id:Nathannate:20190912201227j:plain

https://farenet.org/wp-content/uploads/2018/06/Global-guide-to-discriminatory-practices-in-football_2018_v5.pdf

fare Global guide to discriminatory practices in football

About Fare - Fare network

"fare network" というNGO団体が人種差別、極右ナショナリズム、性差別、障害者差別などをサッカーから根絶するために活動しているようで、FIFAやUEFA(欧州サッカー連盟)から支援を受けています。これを「外郭団体」と呼ぶ人も居ますが、どれほどの結びつきがあるのかはよくわかりません。

fareが公表している上記資料によると、旭日旗="The Rising Sun Flag"は日本の軍国主義や植民地支配のシンボルであるから差別的であり、特に韓国、北朝鮮、中国でその傾向が強いと記述されています。

fareはFIFAそのものではありませんが、韓国政府はこの記載でもってFIFAも禁止していると考えていたのでしょうか?

FIFAの公式アカウントの旭日旗を韓国国旗に変えさせた事例

FIFA公式アカウントの旭日旗、韓国の抗議受け「韓国国旗」に変更|レコードチャイナ

2018年5月20日、韓国・スポーツ朝鮮によると、国際サッカー連盟(FIFA)のインスタグラムアカウントで「2018FIFAワールドカップロシア」の広報写真に旭日旗が掲載されたが、韓国側の抗議によってこれが韓国国旗に変わった。

記事によると、韓国側が抗議したのは、インスタグラムのストーリーに掲載された広報映像に出てくる旭日旗を顔に描いた日本人応援団の姿。これを見た韓国・誠信(ソンシン)女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授は韓国のネットユーザーらと共にFIFAとそのSNSアカウントに抗議メールを送り、旭日旗の写真をすぐに削除し再発防止対策を立てるよう要請した。その後、問題となった映像は削除され、韓国とベルギーのサッカーファンが自国の国旗を顔に描き応援する写真に変わったという。

これについて、ソ教授は「今回のことをきっかけにFIFA側に旭日旗とナチスの旗は同じ意味だということを伝えられたことが最大の収穫だった」と述べているという。

旭日旗様のペイントをした者とイタリア人が応援している様子の画像に対して、旭日旗問題について執念を燃やしている韓国人教授の徐敬徳(ソ・ギョンドク)氏が抗議をした結果、韓国とベルギーのファンが応援する画像に変わったということがありました。

韓国政府はこの「成功体験」を根拠に「FIFAが禁止している」と考えているのかもしれません。

警備員が「FIFAの判断」?

旭日旗応援「FIFA規定違反の可能性」 韓国メディア報道は本当なのか : J-CASTニュース 2013/7/29 20:10

U-20女子W杯でも、係員が旭日旗を制止
日本のスポーツ紙各紙では、応援での政治的主張を禁じたFIFAの規定違反に当たる疑いが指摘されている。

これに対し、韓国メディアでは、旭日旗応援について、日本が第2次大戦で使った戦争犯罪の旗であり、韓国では怒りの声が上がっているとしており、聯合ニュースは、「FIFAの規定違反の可能性が大きい」と踏み込んで報じた。

旭日旗を巡っては、U-20女子ワールドカップの12年8月30日の日韓戦で、日本側の応援席で旭日旗を掲げようとした観客が係員に制止される騒ぎがあった。

報道によると、FIFAから事前に旭日旗を「応援席に出させない方がいい」と日本サッカー協会に連絡があり、協会では、旗を見かけたらサポーターにしまうよう声をかけることを警備員に指示していた。実際に、制止した係員も、「FIFAの判断によって、掲示することをご遠慮いただいているということなんですよ」などと観客に説明していた。

今回の日韓戦でも、試合開始時に日本側応援席で一部サポーターが旭日旗を掲げると、係員に制止されて3分ほどで旗を降ろしたと報じられている。

とすると、旭日旗応援は、FIFAの規定違反になってしまったのか。

日本サッカー協会の広報部に取材しようとしたが、協会が夏季休暇中で話を聞くことができなかった。

これは韓国側の報道について述べた伝聞になっています。

ただ、この時期以降もワールドカップ予選やワールドカップ本大会において旭日旗が振られている例がいくつもあり、信憑性があるのかはかなり疑問です。

なお、2013年のこの大会は日本での開催であり、日本の運営が「自粛」を要請していた可能性があります。

まとめ:公式レベルで旭日旗を禁止している記述は見当たらないが

FIFAの各種規定やこれまでの公式声明等でFIFAが旭日旗を禁止しているということは今の所見当たりません。

ただ、先述のような事例や、欧州の各国のチームにおける旭日旗様の表現に対して逐一韓国側がクレームを入れて削除されている現状を見る限り、日本にとっての状況は厳しいと言わざるを得ないでしょう。

この状況を放置して軽視してきた日本政府やJFA、日本サッカー界に責任があると言えます。

以上