事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

KAZUYA「百田尚樹さん、それは違います」

KAZUYA百田

YoutuberのKAZUYA氏が百田尚樹氏の発言を否定しています。

百田尚樹「保守系Youtuberのバイデン推しは広告外しが」

百田尚樹氏は、「保守系ユーチューバー」が「バイデン推し」になったとし、その理由として「広告外しが怖かった」からと考えている旨をツイートしています。

そのきっかけになっているのはよくわからない匿名アカウントのリプライで、その根拠は特に無さそうです。

「保守系ユーチューバ―」が誰なのかはこれだけでは分かりませんが、WWUK(ウォーク)氏では無さそうなので、明らかにKAZUYA氏なのかなと。(他に保守系ユーチューバーなる者が居たとしても弱小過ぎて話にならない)

で、本人も反応しました。

KAZUYA氏「百田尚樹さん、それは違います」

KAZUYA氏は「バイデンが認知症疑惑」という内容の動画内の発言をしても広告剥がしには遭っていないとしています。

また、「バイデン推し」という評価についても、「トランプトランプと言っていたのにどうしてそうなるのか」と、不当性を主張するニュアンスです。

アメリカ大統領選挙の「不正」情報の怪しさ

この動画では、KAZUYA氏がアメリカ大統領選挙に関する情報について、「不正があった」とする情報の信ぴょう性について、情報源を示して疑問を呈しています。

「ドイツでアメリカ軍が、選挙不正の証拠がおいてあるスペインの会社のサーバーを押収した」という怪情報について、米国陸軍やフランクフルトにある会社も否定、それをAP通信が報道していることを毎日新聞記事を使用して紹介しています。

似非保守、チャイナ系ロシア系アカウントによる情弱日本人(ア保守)煽動工作:郭文貴など

郭文貴」という中国系工作員については、多くの人が警戒しています。

FBIのレイ長官は「千人計画」を含めチャイナ系の工作について公に警鐘を鳴らしていましたので、そのような人物を攻撃する「郭文貴」とは。

他にも、「アメリカ在住」だとかのアメリカ属性をアカウントのプロフに書いておいて根拠不明な情報を拡散するアカウントが大量に居ますが、目立つのは@Ayaka_TRUMP2020というアカウント。嘘ばっかりです。

以下の指摘など、私のTLに現れてる方々は的確に状況把握しています。

よくわからない英語メディアを引用して、否定されているドイツのサーバーの件についても投稿しています。

あと、経営者を名乗っているのに貸借対照表を賃借対照表と何度も書いたりしてるトランプ支持者を前面に押し出している弓月恵太(前垢から新垢に移行)など、情弱日本人に対して海外情報を知っている風を装ってゴミ情報をばら撒くアカウントは沢山居ます。

他、「ジュリアーニがバイデンが中国と取引して尖閣諸島への軍事的圧力強化を許可していたと言った」などとタイトル詐欺をしている英語メディアの翻訳サイトを運営しているところなど、明らかにおかしいところが増えてきました。

この情報については以下で整理しています。

以上