事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

MBS映像'18バッシングで「取材者(斉加尚代)を名指しするツイート5000件」は本当?

f:id:Nathannate:20181226114230j:plain

MBS「バッシング」12月16日放送

2018年12月16日に放送されたMBSの『映像'18バッシング ~その発信源

こちらではディレクターの斉加尚代がツイッター上で「取材」をしていました。

斉加尚代ディレクターからの取材依頼:MBSドキュメンタリー映像‘18『バッシング』 - Togetter

放送の最後には以下のテロップが流れました。

当番組は放送前ネット上で一部の人々から標的にされた

先月末から6日間取材者を名指しするツイートの数は5,000件を超えた

その発信源を調べるとランダムな文字列のアカウントつまり「使い捨て」の疑いが一般的な状況に比べて3倍以上も存在した

およそ2分に1回ひらすらリツイート投稿するアカウントも複数存在した

取材者を攻撃する発言数が最も多かったのは「ボット」(自動拡散ソフト)の使用が強く疑われる

つまり限られた人物による大量の拡散と思われる

「先月末から6日間取材者を名指しするツイートの数は5000件を超えた」

「ツイート」と言っているのでツイッター上の話ですね。

ということで、斉加氏を名指しするツイートを検索してみました。

取材者(斉加尚代)を名指しするツイートの検索方法

検索方法:【since:2018-11-20 until:2018-12-15 斉加】をツイッター検索窓に入力

これを言葉で表すと以下になります。

  • 2018年11月20日から12月15日の間に「斉加」のワードを含むツイートをすべて検索せよ

期間の初日を11月20日としているのは「先月末」がどの期間か不明だからです。

そのため、一般的に月末と呼ばれそうな日として20日からとしました。

次に期間の終日を12月15日としたのは、番組の前日だからです。

流石に当日までの検索結果を番組に反映させることはないと思ったのでそうしました。

さて、結果はどうなっているでしょうか。

「斉加」を含むツイートの数は

f:id:Nathannate:20181226115655j:plain

この画面はCtrl+Fで「斉加」のワードを検索しています。

すると、「637」のワードがヒットしました。

この結果について留意すべきは以下になります。

  1. 検索結果にはブロックされてるアカウントも表示される。
    ⇒なので、「鍵アカ」(非公開設定のアカウント)以外は漏れはありません。
  2. 「斉加尚代」ではない言及も含む
  3. 斉加尚代を「非難するもの」ではないツイートも含む
  4. 1つのツイートに「斉加」の文字が複数含まれるものも検索している
  5. ツイート読み込み制限には引っかかっていない
    ⇒画像下部ではツイッターアイコンと「トップに戻る↑」が表示されているから。これが読み込み制限にかかると「読み込めない」旨の文字になる。
  6. 検索期間が6日間ではなく26日間である

したがって、「斉加尚代氏を名指しするツイート」は、多く見積もってもせいぜい500件といったところです。

「6日間」に単純になおしたら115件です。

ツイートはMBSバッシング放送前後に削除された?

この結果を考えると3つの可能性があります。

  1. 番組の言っていることは捏造である。
  2. 該当ツイートは番組放送前後に削除された。
  3. 「ツイート」の中に「リツイート数」も含む

ひとまずは2番の可能性を考えるべきですが、そうすると疑問に思うものがあります。

f:id:Nathannate:20181226123137j:plain

「使い捨て」が疑われるアカウントの数が3倍以上存在したと指摘しています。

しかしそうであるならば、そのようなツイートは異常値として「名指しするツイート」に含めるべきものではないのではないでしょうか?

好意的に考えると『「大量発生しているモノ」には大量懲戒請求(番組はこの件についても紹介)のように実態を伴ったものと、そうではない幻であるものと両方ある』ということを対比する目的で取り上げたのではないかと推測することもできます。

しかし、もしそうならば、番組ではある特定のアカウントをアイコンとアカウント名が分かるようにズームしてまで取り上げていたにも関わらず、botが疑われるアカウントを提示しなかったのは疑問です。対比するという手法であるならば、番組の最後にテロップでだけ示すのも不自然でしょう。

botによる大量ツイート?

f:id:Nathannate:20181226115642j:plain

「@の後につけられるアルファベットがランダムなものであるから」

botと疑われると結論づけた理屈として、番組ではこのように述べています。

しかしbotであっても前掲画像にあるようにランダム文字列ではないものもあります。

また、ランダム文字列であってもbotではないアカウントもあります。

これぐらいのことは直ぐにわかるはずなので、番組製作者はツイッターのことは何もわかっていないと思われます。

「ツイート」の中に「リツイート数」も含む?

ここで言う「リツイート」とは、引用リツイートではなく、その数が積算されて視覚的に把握できるものを指します。

これはbotの指摘をしていることから在り得ません。

そして、もし「リツイートの数」の合計であると言っているのだとすれば、それは実際よりも多く見せようとする意図で取り上げているということが確定です。

以下の記事のように、リツイートであるとして「インプレッション数」を言うものもありますから、気を付けないといけません。

まとめ:MBSの捏造かツイート削除か

削除されていたのなら検証のしようが無いので、結局のところよくわかりません。

ただ、そうであっても公共の電波を使って一体何をしたいのだろう?と思います。

以上