事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

WHOのマスクガイダンスのNHK報道の検証と捕捉

 WHOが4月6日にマスクガイダンスを更新しました。

それについてNHKの記事がコンパクトにまとまっているのですが、だからこそ捕捉が必要だなと思ったのでここで解説。

WHOのマスクガイダンスのNHK報道の検証と捕捉

4月6日に新しくリリースされたWHOのマスクガイダンスについてNHKが報道していますが、記事の該当部分に対応するガイダンスの文を抜き出しつつ、報道の検証と捕捉説明をしていきます。

健康人がマスクをつけても感染予防効果があるという根拠は乏しい

WHO “マスクには一定の効果” 指針の内容を更新 | NHKニュース

それによりますと健康な人が一般向けのマスクをつけても感染を予防できる根拠はないと改めて指摘しています。

これはその通りです。

Advice on the use of masks in the context of COVID-19 Interim guidance 6 April 2020(マスクガイダンスの4月6日版)

There is limited evidence that wearing a medical mask by healthy individuals in the households or among contacts of a sick patient, or among attendees of mass gatherings may be beneficial as a preventive measure. However, there is currently no evidence that wearing a mask (whether medical or other types) by healthy persons in the wider community setting, including universal community masking, can prevent them from infection with respiratory viruses, including COVID-19.

ただし、健康人がマスクを着用する可能性については留保があります。

健康人がマスクを着用する可能性は残してある 

Advice on the use of masks in the context of COVID-19 Interim guidance 6 April 2020

Advice to decision makers on the use of masks for healthy people in community settings

As described above, the wide use of masks by healthy people in the community setting is not supported by current evidence and carries uncertainties and critical risks. WHO offers the following advice to decision makers so they apply a risk-based approach.

Decisions makers should consider the following:

1. Purpose of mask use: the rationale and reason for mask use should be clear– whether it is to be used for source control (used by infected persons) or prevention of COVID-19 (used by healthy persons)

中略

In addition to these factors, potential advantages of the use of mask by healthy people in the community setting include reducing potential exposure risk from infected person during the “pre-symptomatic” period and stigmatization of individuals wearing mask for source control.

WHOは、健康人にマスクを着用させることについてはサポートしないとしていますが、リソース管理の必要性などから判断権者がそのような施策を取る際の留意点をまとめており、さらには発症前の無症状感染者からの暴露リスクの軽減などの潜在的利点があり得ると指摘しています。

この部分はNHK記事でも触れています。

WHO “マスクには一定の効果” 指針の内容を更新 | NHKニュース

その一方で、平均5日間から6日間とされるウイルスの潜伏期間中、みずからが感染していると気付いていない人が他の人にうつさないためにはマスクの使用が役に立つこともあるという見解を初めて明記しました。

そのうえで各国の政策決定者に対しては一般の人にマスクの使用を勧める場合には、目的やどのような種類のマスクを使うべきかなどを具体的に示すよう求めています。

健康人でも感染者の世話をする場合にはマスク推奨

健康人でも感染者の世話をする場合には、WHOはマスク着用を推奨しています。

特に感染者が居る部屋に入る場合には必須とまで言っています。

これは科学的エビデンスというよりは経験則に基づいてるのでしょう。

WHOは基本的に以下の態度だからです。

Q&A on infection prevention and control for health care workers caring for patients with suspected or confirmed 2019-nCoV魚拓

Does WHO recommend routine wearing masks for healthy people during the 2019 nCoV outbreak?

No. WHO does not recommend that asymptomatic individuals (i.e., who do not have respiratory symptoms) in the community should wear medical masks, as currently there is no evidence that routine use of medical masks by healthy individuals prevents 2019-nCoV transmission. Masks are recommended to be used by symptomatic persons in the community. Misuse and overuse of medical masks may cause serious issues of shortage of stocks and lack of mask availability for those who actually need to wear them.

この説明における "healthy individuals" には無症状感染者は含まないと解すべきです。

布マスクの予防効果について

WHO “マスクには一定の効果” 指針の内容を更新 | NHKニュース

一方で、これまでの指針では布製のマスクについては「いかなる状況下においても勧められない」としてきましたが、今回の指針では「予防の効果があるかはまだ評価ができていない」として、推奨することも反対することもできないと表現を修正しました。

「いかなる状況下においても勧められない」としていたのはマスクのガイダンスの1月29日版3月19日版における "Cloth (e.g. cotton or gauze) masks are not recommended under any circumstances."という記述です(4月6日版は第三版)。

現在のガイダンスは以下のようになっています 

Advice on the use of masks in the context of COVID-19 Interim guidance 6 April 2020(マスクガイダンスの4月6日版)

One study that evaluated the use of cloth masks in a health care facility found that health care workers using cotton cloth masks were at increased risk of infection compared with those who wore medical masks. Therefore, cotton cloth masks are not considered appropriate for health care workers. As for other PPE items, if production of cloth masks for use in health care settings is proposed locally in situations of shortage or stock out, a local authority should assess the proposed PPE according to specific minimum standards and technical specifications.

 

「いかなる状況下においても勧められない」は医療従事者向け

上掲の記事内で文書の構造等などを詳述しましたが、旧版での「いかなる状況下においても勧められない」という記述の根拠になっているのは医療施設における医療従事者を対象に、メディカルマスクと比較した場合に布マスクは感染リスクが高いとした論文です。

参考:A cluster randomised trial of cloth masks compared with medical masks in healthcare workers

一般人向けのものではないというのが分かります。

なお、対象群(コントロール群)では37%がメディカルマスクを使用し、8%が布マスクを使用し、53%がメディカルマスクと布マスクの両方を使用し、残りの1%ずつがN95マスク着用とマスク無しであったということが書かれていますので、ここから「布マスクの方が何も着用しなかった場合に比して感染リスクが上がる」と理解するのは不可能です(実際、そのような考え方をする者が後を絶たない。)

布マスクの予防効果は未検証のため推奨も反対もできない

再掲:WHO “マスクには一定の効果” 指針の内容を更新 | NHKニュース

一方で、これまでの指針では布製のマスクについては「いかなる状況下においても勧められない」としてきましたが、今回の指針では「予防の効果があるかはまだ評価ができていない」として、推奨することも反対することもできない

 この部分の該当箇所は以下です。

Advice on the use of masks in the context of COVID-19 Interim guidance 6 April 2020(マスクガイダンスの4月6日版)

Type of Mask

WHO stresses that it is critical that medical masks and respirators be prioritized for health care workers.

The use of masks made of other materials (e.g., cotton fabric), also known as nonmedical masks, in the community setting has not been well evaluated.There is no current evidence to make a recommendation for or against their use in this setting.

それまでは布マスクについては「非推奨だと言及した」事実は無く、単に「推奨した事実が無かった」=態度が明確ではなかったというにとどまります。

WHOの各文書中ではマスク着用に言及する際には必ずと言って良いほど「メディカルマスク」という表記であったため、その反対解釈をすれば「WHOは布マスクは非推奨と考えている」と推論できるでしょうが、明確に立場を打ち出していたわけでは無いというのが実情です。

医療従事者のリソース確保と手洗いの重要性喚起

f:id:Nathannate:20200411150146j:plain

再掲:WHO “マスクには一定の効果” 指針の内容を更新 | NHKニュース

さらに「医療用マスクは医療従事者に行き渡らせなければならない」と強調し、一般の人が医療用マスクを使うのを控えるよう呼びかけるとともに、医療用マスクを使えば予防できるという誤った理解によって、手洗いや人との距離をとるなどの予防の措置がおろそかになりかねないと懸念を示しています。

Medical masks should be reserved for health care workers.

The use of medical masks in the community may create a false sense of security, with neglect of other essential measures, such as hand hygiene practices and physical distancing, and may lead to touching the face under the masks and under the eyes, result in unnecessary costs, and take masks away from those in health care who need them most, especially when masks are in short supply.

WHOはマスクの使用それだけでは効果的ではないため、手洗いや社会的距離を取ることが重要であり、マスクはそういった対処法と併せて使用されるべきだと何度も指摘しています。

このことは4月6日版のガイダンスでは太字で説明されているのでもっとアナウンスされるべきですが、あまりそういうニュアンスで報道がなされているとは思えません。

日本ではもう当たり前だからでしょうか?

まとめ

報道記事はぶつりぎになっているのでわかりにくいですが、健康人がマスクをする場合や布マスクがもちられる場合が全否定されているわけではないということです。

以上