事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

朝鮮日報韓国語版がネット上の「在日認定」を報道

f:id:Nathannate:20190720095948j:plain

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/07/19/2019071901450.html

朝鮮日報の韓国版が「京都アニメーションの犯人は〇〇だ」というネットユーザーの掲示版やSNSでの言動をわざわざとりあげました。(※画像は自動翻訳後のもの)

朝鮮日報韓国語版がネット上の「在日認定」を報道

"쿄애니 참사 범인은 한국인?"…日에서 퍼지는 혐한 분위기 - 조선닷컴 - 국제 > 일본魚拓

一方、他のネチズンたちはこれに対抗し、「まだ警察の捜査発表が出ていない状況で嫌〇をあおる行動は停止せよ」、「日本人として恥ずかしい」、「放火犯人が〇〇人だと主張する人たちは、自分たちの差別意識を正当化するために京アニ事件を利用していること」、「無分別に広がるデマを信じてはならない」などというの意見を表明した。

フォロー的にこういう文言がありますが、この事象を大手紙の朝鮮日報が取り上げること自体、異例です。

日本の大手メディアが韓国の掲示版をチェックして、ごく一部の人間しか書き込んでない日本に対する侮蔑表現をいちいち紹介していたら、おかしいと思うでしょう?

一時期はこの記事がトップニュースにもなっていました。

日本のネットでの根拠なき在日認定の規模について触れず

こういう事を論じるのであれば、日本のネットにおいて根拠のない在日認定が行われている規模について調べてからやるべきでしょう。

朝鮮日報の記事では、単に「ライブドアの掲示版でこういう書き込みがあった」「ツイッターで「在〇〇〇人」と検索すると、このようなツイートが見つかる」という程度の話で、それが全体の中のどれくらいの割合なのか?と言う話どころか、どれくらいのボリュームが存在するのか?ということすら書いてません。

少なくとも大手紙が書くレベルの記事ではないでしょう。

刺激的な話題・タイトルを用いる朝鮮日報

朝鮮日報は反ムンジェイン政権のメディアなので、昨今の日韓関係のニュースにおいてもムンジェイン政権を批判する論調の記事が書かれています。

その記事が炎上商法的だとしてムンジェイン政権から指摘されるということもあります。

それを第三者的に見ると、たしかに何らかの対象を煽るような文言が目立つなと思います。今回の記事も、その延長線上にあると思います。

大多数のまっとうな日本人にとっては、大迷惑な話です。

以上