事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

河野太郎の「女系天皇容認発言」の重大な勘違い

河野太郎女系天皇容認

河野太郎氏が「女系天皇容認発言」をしたので、実際の発言内容と、何がおかしいのかを指摘します。

河野太郎のYoutubeのLIVE配信

「女系天皇容認論」は、河野太郎氏のYoutubeチャンネル"KonoTaroGomame"で2020年8月23日にLIVE配信された動画で言及されました。

動画内では44分くらいからです。

この際の発言は新聞も取り上げました。

河野防衛相が女系天皇容認論 次の天皇「内親王のお子さまも」 - 産経ニュース

河野太郎の女系天皇容認論

該当箇所を書き起こします。

*************

質問 河野さんは女系天皇をどう思っているのですか?

河野 女系天皇…まぁ、今も天皇家はずっと男系で来ていますから、そら男系が続くんだったら男系でもう1000年以上きてるわけですからそりゃ男系でやるのがいいんだと思います。問題は、天皇陛下、それから秋篠宮様それから悠仁さま、今の世代、次の世代はもうとにかくおひとりしかいないわけですから、さぁどうするというのは真剣に考えなければいかんと思うんです。雅子様紀子様を見ていて、本当に皇室にお嫁入してくれる人が本当にいるだろうか、という問題もありますし、そりゃ結婚したはいいけど物凄い男の子を生めというプレッシャーがかかってくるわけですよね。で、人工受精とかですね、いろんなことが考えられると思いますが、それでも男の子がいなくなるという可能性はもう確率的にあるんだと思うんです。で、かつては側室制度があったりしたわけですけども、この21世紀に側室というのがいいのかというと、そりゃそうはいかないだろうと思いますし、じゃあクローンというわけにもやっぱりいかないんだと思います。そうすると、男系で行くんだけど男の子がいなくなる、男子のお世継ぎがいなくなったときにどうするんだ、ということをやっぱり考えとく必要はあると思います。

*************

この部分だけ聞くと、男系で行くなら行くが、それが無理な場合も考えておく、という仮定の話かと思いますが、その後の発言を聞くと全くそうではないというのがわかりますし、いくつかの危険な認識も見受けられます。

*************

河野 で、そういうときに多分やり方としてはもう愛子様佳子様眞子様はじめ、皇室の女性を皇室、今もう結婚すると女性は皇室から外れるわけですけども、とにかく、女性も皇室の中に残す、そしてもう男の子がいなくなったときには、もうしょうがないから愛子様から順番に女性の皇室のお子様を天皇にしていくということを考えるというのが一つあります。それからもう一つは、旧宮家、マッカーサー、GHQが宮家全部だめ~って言って民間に戻しちゃった、それを戻すっていう議論をする人がいます。ただ、旧宮家というのはですね、旧宮家なんですけども今の天皇家からどこで分かれたかというと、1400年代なんですね。要するに戦後まで残った宮家というのはすべて1400年代に今の天皇家から男系は分かれたわけですから、宮家から元に戻すというけどもそりゃ600年前に天皇家から分かれた人たちなんです。そうすると、じゃあこの人が旧宮家だったからもう一回皇室に養子に入れてって言うけども、遡ると600年前に別れたっていうのはそりゃ男系という意味ではY染色体は繋がってるとかですね、そういう話なのかもしれませんけども、そっちが本当に良いのかという議論はこれやっぱりしていかないといけないと思います。600年間男系が続いているっている保証も確かにありません。それからY染色体というのはですね突然変異しやすい、まあ確率の問題ですよ、確率の問題だけど突然変異しやすい、回文構造っていうおんなじのがこう沢山出るっていう意味でY染色体というのは確率的に突然変異が起きやすい。そうすると、仮にもとに戻そうといった宮家の養子にしようとした方の血液を持ってきて染色体の検査、遺伝子の検査をやったら変異があってそこがずれてたらどうするんだ、繋がってねーじゃねーかっていう話になるかもしれない、ということで本当に国民が支持してくれるだろうか、要するにY染色体といういわばタンパク質が大事なのか、或いは今の天皇陛下を始め、皇室が国民から尊敬され、象徴だ~と言って受け入れられているというのは、そりゃもう天皇陛下をはじめ毎日国民のことを考え、災害が起きれば行って勇気づける或いは色んな行事に出てきて本当に色んな分野で頑張っている人を激励をするということを皇室を挙げてやってこられたそういう皇室の姿をやっぱり国民はそれを支持してるんだとすると、そりゃもうその皇室のメンバーである愛子様はじめ内親王のお子さんの方を素直に次の天皇として受け入れるということもあるんではないかと思います。だから最近なんか男系で維持されてるから~女系天皇はだめだ~というけれどもじゃあ本当に600年前に分かれた人が戻ってきてもそれは本当の万世一系と言えるの?じゃあ遺伝子調べて微妙に違いがあったらそれはどうなの?というところをやっぱり考えないといかんという風に思っています。女系だと別系列になるというけどじゃあ600年前に分かれたのは別系列じゃねぇのか?というとですね、そう思わない人もたくさんいるんだろうと思います。遺伝子の問題じゃないというけども、男系だっていうのはもう要するに繋がっているのはY染色体が繋がっていますっていうぐらいの話であって、要するに遺伝子の問題なんですよ。遺伝子以外に何があるんだと。或いは国民のために一所懸命皇室が努力をされている、その皇室を大事にするのか、600年前に分かれたという血統を大事にするのか、そういう議論だと思います。だから僕は簡単に女系はだめだ~と言うけども、そんなことを言って600年前の方を元に戻してですね、国民にしっかりと受け入れられるのかどうか、そこは議論が要るんだろうと思います。

*************

発言は以上ですが、「内親王のお子さんを次の天皇」という面だけ捉えると、可能性はいくつかあります。

内親王の子が男系天皇となる場合

内親王の子が男系天皇となる場合は、内親王の夫が男系男子の皇族である場合です。

この場合であれば、皇室の歴史上の皇位継承ルールからは外れることはありません。

歴史上も「内親王」である元明天皇の息子である文武天皇娘である元正天皇が君臨したことがありますが、男系男子の皇族たる岡宮天皇(諡号なので即位はしていない)の子だからこそ文武・元正天皇は男系の天皇として皇統譜に掲載される正統性があるとされているのです。

河野太郎の旧皇族(旧宮家)否定のロジックの誤り

河野太郎氏の旧皇族(旧宮家)の皇籍復帰否定のロジックの誤りは、以下の認識にあります。

  1. 国民は今の皇室・天皇の行動を尊敬
  2. 女系は別系統だというけど600年は別系統じゃないのか
  3. 旧宮家は遺伝子でしか繋がってない

こんな雑な認識で皇室を語って欲しくないです。

後に具体的に指摘する記事をUPします。

追記:河野太郎の女系天皇容認論は一般的なロジック能力の問題が露呈しただけ

以上