事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します

「水間政憲が東久邇宮家の男系男子を発見したから青山繁晴はパクリ」?⇒保阪正康氏らが既に取材してました

旧皇族の系図:東久邇宮家の男系男子

文藝春秋2005年3月号:保阪正康氏作成のもので勤務先を伏字

水間政憲氏が2017年に出版した書籍において「東久邇宮家の男系男子」を含んだ系図を最初に作ったかのように喧伝し、「青山繁晴氏がパクッた」と評したのはすべて無理があります。

平成17年の時点で複数の者が既に水間氏が伝えている内容以上のものを書いてます。

「水間政憲が東久邇宮家の男系男子を最初に発見したから青山繁晴はパクリ」は無理がある

水間政憲が青山繁晴をパクリ非難:旧皇族の東久邇宮家の男系男子という事実について 

上記記事でもこの件は触れましたが、あらためて調べたら平成17年の時点で東久邇宮家に男系男子が居たと言うことはわかっていましたし、皇統図もより詳細なものが作成されていました。

平成17年時点でより詳細な系図が書かれていた

水間氏の作成した皇統図で男系男子が紹介されているパンフレットがありますが、それは東久邇信彦・眞彦・秀彦らとその子が中心に書かれているものになっています。

しかし、平成17年時点で既に彼らの息子の名前は分かっていましたし、眞彦氏の息子のうち、一人にはさらに息子がいるということも判明していました。

また、系図が書かれていなくとも、東久邇宮家に男系男子が居たということは谷田川惣氏や西尾幹二らも把握していました。

保阪正康・竹田恒泰らが既に系図を作成済み

あくまで私が確認しただけのものですが、一つは文藝春秋 / 2005年3月号 において掲載された保阪正康氏が作成した系図。もう一つは竹田恒泰氏が自著語られなかった皇族たちの真実 若き末裔が初めて明かす「皇室が2000年続いた理由」で掲載した系図があります。

竹田氏の系図には、東久邇宮家だけに焦点を当てれば、多羅間家へ養子に出て行った俊彦王とその息子のアルフレッド稔彦、壬生伯爵家へ養子に出て行った秀彦氏(壬生基博)の息子2名の名前も書かれています。

ちなみにですが、保阪氏が作成した系図はネット上の複数個所に落ちています。

しかるべきページに飛べば入手することができます。

水間政憲氏の無理筋の論理

水間氏の主張には「男系派はおかしい」と思わせる無理筋論が含まれています。

「皇太子(今上陛下)の従兄弟は陛下より血が濃い」という不敬

水間氏は皇太子(現天皇陛下)よりも天皇の血が濃い者として東久邇家の信彦・眞彦・秀彦らの名前を挙げています。

「血が濃い」ということの意味を書くのは憚られますが、「旧皇族たる東久邇宮家の信彦・眞彦・秀彦らは、明治天皇の皇女である聰子内親王や、昭和天皇の第一皇女である成子内親王の子孫であるが、それに対して今上陛下は民間出身の女性と天皇との間に生まれた子であるから」という意味の様です。

これは不敬であると同時に実質的に女系容認論です。

「愛子天皇」待望論者たちよ 、もう一度壬申の乱を起こしたいのか 倉山満

そもそも、男系が絶対ならば、天皇陛下のお母上は誰でも良いではないか。「皇太子より血が濃い」などと主張する論者は人として失礼なだけでない。男系絶対を言いながら自説の根拠が女系である。論理も破綻している。この論者の言う通りにすれば、古代国家のような近親結婚を永遠に繰り返さなければならない。

皇女を通して「血が濃い」と表現することは、要するに「女系」派の論理になっているということがお分かりいただけるだろうか?

だいたい、奈良時代から天皇は民間(公家や華族だが皇族とは一線を画している)から后をもらい受けていた歴史があるのですから、そうした歴史すべてを破壊する言動ですよこれは。

「悠仁親王殿下と同世代」の意味不明さ

なお、水間氏は悠仁親王殿下のまた従兄弟として信彦・眞彦・秀彦らの息子たちを挙げていますが、少なくともそのうちの3名は45歳、39歳、38歳です。

確かに「世数」からすれば悠仁親王殿下と「同世代」ですが、あまりにも年齢が違いすぎます。皇籍復帰や皇位継承において「同世代」かどうかを殊更に問題視する意味はないのに、なぜこのような表現をするのか首をかしげてしまいます。

もしも「一目でわかる」ということを狙いとしているのであれば、それは無意味だし誤解を拡散させるだけなので、ハッキリ言って有害です。

皇別摂家を皇位継承権者に含める愚

水間氏は120名もの皇位継承権者が居ると言っているようですが、それは「皇別摂家」も含んでいるようです。(歴史上存在したものと、壬生家に養子に出た秀彦氏とその息子らのようにそうではないものも含まれているようだが)

皇別摂家とは、一般的に五摂家のうち江戸時代に皇族が養子に入って相続した後の近衛家・一条家・鷹司家およびその男系子孫を指します。

しかし、皇別摂家は皇族ではなく、民間人です。旧皇族ですらありません。

皇室には「君臣の別」というルールが存在します。皇族と臣下は明確に分けましょうということです。皇別摂家を皇位継承権者に含めることはルール違反です。

私が女系推進派なら「男系トンデモ論者」を仕立てあげる

話が逸れますが、私が女系推進派であれば、論理や事実では勝ち筋ではないのが目に見えています。

なので、男系維持派のチョンボを狙います。

それも、ただ単に待つのではなく、相手に変な主張をさせて「男系派はおかしな事を言ってるな」と聴衆に思わせるように工作を仕掛けますよ

私のところにも盛んに「Y染色体」理論でもって男系維持派を装う輩がコメントをしてきますが、全部無視しています。

まとめ:KAZUYA氏に警告する倉山満

  1. 水間氏が「パクられた」と言っている系図は既に平成17年の時点で明らかになっていた
  2. 水間氏の主張は不敬であり、皇室の歴史を否定するものが含まれている

倉山氏も水間氏を動画に出演させたKAZUYA氏に警告しています。

「男系男子であればだれでも良い」

という雑な考えでは、皇別摂家やY染色体理論に簡単に染まってしまいます。

「敵」はそこを狙っているのですよ。

以上