事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します

サマータイム(夏時間)導入断念…はまだだが

f:id:Nathannate:20180927190037j:plain

「導入断念」がツイッタートレンド入りしましたが、サマータイムのことです。

ただ、これはまだ決定ではないので注意です。

サマータイム「導入断念へ」は遠藤利明五輪実施本部長

「導入断念」という表現は朝日新聞のものです。

魚拓:http://archive.is/elpfS

2018年9月27日に行われた自民党のサマータイム研究会の初会合において、遠藤利明・東京五輪実施本部長が発した言葉が元になっています。

なんらかの導入断念の決定がなされたわけではないので注意です。

遠藤利明東京五輪実施本部長の言葉

朝日新聞:「気持ちとしては(20年までに)導入したいが、システムの問題や世論の反応から物理的に難しい」

日経新聞:「システムの問題や世論の反応をみると難しい」

共同通信:「気持ちは(導入)したいが、物理的にシステムの問題や、世論の反応を見ると、なかなかそこは難しい」

NHK:「2020年のサマータイム導入はシステムの問題などで難しいが、あまり予断を持たずに、理解を得られる範囲内で議論していきたい」

NHKの記述をみれば、「まだ議論自体は続くらしい」ということが分かります。

ただ、朝日新聞によると

会合で今後行う議論は「20年のためではない。低炭素社会をつくる一つのきっかけとして進めていきたい」とも述べた。

とあり、「導入断念」というのは拙速なきらいがりますが、少なくとも五輪での導入は断念する方向に向かっているとしています。

朝日新聞は「世論の反応から物理的に」って書いてますが、何かおかしくないですかね?

そして、自民党の他の人物の言葉もNHKは載せています。NHKは遠藤五輪実施本部長の発言はそこまで大きく取り上げず、菅官房長官と公明党の山口代表の言葉を並列に載せているということがわかります。

サマータイム(夏時間)はオワコン

サマータイムがいかにおかしな考えであり、サマータイムを推進しようとしているひとたちがどれだけ奇妙な言説を振りまいていたのかは以下でまとめています。

そもそもサマータイムを実施しているEUは廃止の方向です。

白夜の地域では無駄であることや、健康リスクが高まることが指摘されています。

EUはサマータイム「廃止目指す」 欧州委トップが表明 意見公募も8割超が「廃止」 - 産経ニュース

サマータイム廃止支持が84% EU欧州委 意見公募の暫定結果を発表 - 産経ニュース

これ以上何を議論するというのか不明ですが、とにかく議論は続くということは間違いないので、まだ「導入断念」が決定したとはいえないということでぬか喜びはきんもつでしょう。

まとめ:サマータイム導入断念まであと一歩

経済効果の試算を出した第一生命経済研究所の永濱利広さんは、8月16日のモーニングショーで出演したときに「自分はこんな効果は無いと思います。」と明言していました。

どうも経産省主導で10年置きくらいに話題になる話のようです。

さっさと「サマータイムの亡霊」退治をして肝試しは終わりましょう。

もう秋ですよ!

以上