事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します

Twitter社が偽のフォロワーを削除:あのアカウントのフォロワー数はどうなったか?

f:id:Nathannate:20180713163639j:plain

ツイッター社が偽のフォロワーを水増ししている場合に、フォロワーが削除されるようにしたと発表しました。7月12日以降に適用とのこと。これにより、何等不正を働いていない一般人でも約6%のフォロワー数が減る見込みとのことです。

あの有名アカウントがどうなったのか?調べてみたら、面白い現象をみつけました。

津田大介のフォロワー数

津田大介フォロワー数水増し

魚拓(2018年6月 日時点):

https://web.archive.org/web/20180608065349/https://twitter.com/tsuda?lang=ja

フォロワー数を買っているのではないか?と言われている者の筆頭が津田大介氏です。

津田大介氏のフォロワー数のピークがいつだったかはわかりませんが、今年の6月時点では160万8千アカウントもありました。

米国ツイッター社が該当する地域のカリフォルニア時間の12日が始まる前後に彼のフォロワー数に変化があるのか調べてみました。

この時点で、160万2千フォロワーになっており、約6千フォロワーが減っていたことになります。

少し面白い現象がありました。 

本当に偶然なのですが、一旦フォロワーが減った後に、1分間(59秒以下)に約300アカウントも増えていたのです。これはどういうことなんでしょうか?

結局、津田大介氏のフォロワーは約2万削除されたにとどまりました。これだけを見れば減少幅は6%の範囲内なので、通常の減少ということになります。

しかし、途中で1分も経たないうちに300アカウントも増えたのは気になります。

 

今後のツイッター社の偽フォロワーへの対応

変更は数日のうちに施行されますが、Twitterは問題のある行為をするアカウントを一早く察知するアプローチを継続するため、今後もフォロワー数の減少が発生する可能性があります。

今回の減少で下げ止まりするという類のものでなく、今後も偽アカウント対策によってフォロワー数が減少する可能性があるということです。

SHARPの場合

なんと、SHARPが企業アカウントに減少数の公表を呼び掛けていました(笑)

これに呼応して返信欄には各社から状況報告が上がっています。

ちゃっかりあずきバーの宣伝を忘れない井村屋

なお、「人事ったー」に登録している場合、事後的に検証可能のようです。

私は登録していないので確認できません。

多くの企業アカウントは就業時間の17時の時点の情報を上げていますが、この段階ではまだ変更が反映されていない場合もあるのではないかと思います。井村屋さんのように、日付を跨いだら減っていた、という報告をするところが多いようです。

SHARPが作ったこの流れに乗っかった結果、むしろフォロワー数が増えたという報告もありました。

まとめ:みんなそんなに減ってない

目の付け所さんがこうおっしゃっているので、必要な人はどうぞ。

それにしても、多くのアカウントが減っていない中で、数万のフォロワーが減っていたアカウントは一体なんなんでしょうか?

今後も要注目だと思います。

以上