事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。

一般社団法人この指とめよう津田大介「超A級のネトウヨ」中山防衛副大臣に対し

津田大介ネトウヨ

はい、アウト

津田大介「超A級のネトウヨ」中山防衛副大臣に対し

魚拓

一般社団法人この指とめようアドバイザーの津田大介氏が「超A級のネトウヨ」と中山防衛副大臣に関してツイートしています。

さて、この言動は妥当なんでしょうか?

中山防衛副大臣のツイートは「ネトウヨ」?

魚拓  

そもそも、中山防衛副大臣のツイートは「ネトウヨ」なんでしょうか?

1つ目のツイート、どこがネトウヨなんでしょうか?

まさか、韓国のチョン・ウィヨン(鄭義溶)外相の名前を省略したから!?

昔の一時期のYahoo!コメントだったら、チョン・テセ選手やチョン・ソンリョン選手の名前を書いてパフォーマンスについて否定的な文言があったら消されていましたけど、そういう発想なんでしょうか?

2つ目のツイート、「武漢市から世界中に広がったウイルス」は確定事実です。

「中国雑技団」という表現は不要だと思いますが、「ネトウヨ」なんでしょうか?

一般社団法人この指とめようは、アドバイザーらによる「定性的」判断によって誹謗中傷を判定するとしていますが、津田大介氏の判断能力に疑問符が付きます。

「ネトウヨ」が名誉毀損になった裁判例も

東京地裁平成30年10月30日判決 平成30年(ワ)18111号では、インターネット上の電子掲示板に「〇〇から消えつつある万年『博士論文準備中』の自称元『××大学非常勤講師嘱託』のネトウヨ」などと書き込まれたことが原告の予備校講師としての社会的評価を低下させるとして、現段階で違法性阻却事由は認められず名誉が侵害されたと認定して発信者情報開示命令を出しています。

「ネトウヨ」という表現が名誉毀損になる可能性があるということです。

つまり、津田大介氏は、名誉毀損になり得る誹謗中傷の文言を何らの根拠もなく(おそらく「チョン」という単語に反応したと思われ)、他人に対して使用しているということです。

一般社団法人この指とめようアドバイザーの不祥事、誹謗中傷

一般社団法人この指とめようメンバーがおよそ肯定しがたい誹謗中傷をしていたことが続々と判明しています。

もちろん、「過去にこういうことを言っていたから誹謗中傷防止啓発活動をする資格が無い」と言うつもりはありません。

そういう過去の言動を見つめなおして禊をするならば、十分にその資格は有ります。

現に、代表理事の小竹氏は謝罪しています。

津田大介とあいちトリエンナーレの昭和天皇御尊影焼却

津田大介氏については「あいちトリエンナーレ2019」において、昭和天皇の御尊影を燃やして灰を踏みつける動画の存在を知りつつ面白がって展示していた事実があります。

「芸術」「表現の自由」の名を借りて、その実態のない誹謗中傷装置を展示した者が、何らの総括もせず誹謗中傷を「取り締まる」側になりますというのは、まったく筋が通りません。

「この指とめよう」。結構なことです。

では、止まらなかった指は、どうするのですか?

以上:はてなブックマークをして頂けると助かります。