事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

「iPhoneでウイルス検出・バッテリー感染」「アップルセキュリティ」という偽ページ

f:id:Nathannate:20190813154630j:plain

「iPhoneで(3)つのウイルスが検出されました。バッテリーが感染しています。」

この画面はフェイクなので落ち着いて対処しましょう。

"notification-phone.info"のページ

どういう環境で表示しているかは人それぞれだと思いますが、大体の人は画面上部のURLに"notification-phone.info"と表示されているのが分かるでしょう。

ここにアクセスしてみます。

f:id:Nathannate:20190813155337j:plain

"Site just created"=サイト制作中とあります。

少なくとも、これであの「Apple社」公式のページではないということが分かります。

who is 情報を見てもまったく関係がありません。

よって、Apple社の出している警告ではないということです。

にもかかわらず、iPhone上のアイコンと似ている表示等をしているということは、偽物の表示であると考えるべきです。

なお、URLに"www"を追加すると"nginx"というオープンソースのWebサーバーが表示している画面に遷移しますがNginxが何か悪さをしているのではないので誤解無きよう。

それでは、この画面になったら何かする必要があるのか?

必要な事は「今すぐブラウザを閉じろ!」です。

(1)システム通知 iOSデバイスに関する重要なお知らせ

再掲

f:id:Nathannate:20190813155847j:plain

「(1)システム通知 iOSデバイスに関する重要なお知らせ」という画面。

この画面を閉じて終了させるべきです。

ただ、ここでOKを押してもまだ何も悪影響はありません。

「iPhoneで(3)つのウイルスが検出されました。バッテリーが感染しています。」

f:id:Nathannate:20190813154643j:plain

「iPhoneで(3)つのウイルスが検出されました。バッテリーが感染しています。」

という表示の下に「ダウンロードとインストール」というのがありますが

これをタップする必要はありません。

すぐにブラウザを閉じましょう。

上記の画面はsafariを使ってますが、画面右下の四角が2つ重なってる所を押すと、ブラウザ画面が斜めに表示されるので、左上あたりにある「×ボタン」を押して消しましょう。

f:id:Nathannate:20190813160836j:plain

なお、この画面でSafariの画面そのものを上にスワイプすると消えますが、内部ではブラウザを開いている事になっているはずなので、きちんと問題となっている画面について×ボタンを押して消してください。

私はCookieや履歴が残っているのが嫌だったので、そちらも消去しました。

スマホが熱くなってきたら電源を切れ

上記までの操作を行っても、スマホ本体が異常な熱を持って熱くなっている場合があります。その場合は電源を切って、安全な温度になるまで待ちましょう。

そのまま肌に触れさせているとやけどしそうなほどになる場合があるので要注意です。

この現象によって「バッテリーにウィルスが感染してるんだ」と思ってしまう人も居るのかもしれませんが、そうではないので大丈夫です。

以上