事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

韓国をホワイト国から除外、輸出管理の優遇廃止

月刊Hanada10月号:韓国ホワイト国除外に関する世耕大臣と山岡鉄秀の主張

北野さんの指摘通り、韓国のホワイト国外しに関して海外の報道では完全に日本が悪玉になっています。大きな理由は日本政府の発信が意味不明だからです。8月下旬発売の月刊Hanada 10月号で具体的に政府高官の発言を分析して解説しましたので是非ご一読くださ…

CISTECが怒りのパワポ解説:韓国向け輸出管理、ホワイト国、リスト規制、キャッチオール規制の誤解

CISTECが韓国向け輸出管理の運用見直しを受けて、関連制度の誤解を正すパワーポイント資料を公開していました。英語版もあります。メディアに対する怒りがこもっている内容だと思います。

韓国のホワイト国(グループA)剥奪に95%超が賛成:パブリックコメントの結果

韓国のホワイト国(グループA)剥奪のパブリックコメントの結果が出ました。

菅官房長官:米の仲介案提示「事実ない」:ホワイト国除外延期記事を日経新聞記事が差し替え

ロイターが報じた「政府高官がホワイト国除外延期を促す」報道を、日本のメディアがそのまま報道していた件。菅官房長官が否定してから面白い動きがありました。日経新聞のソースロンダリングの例を挙げます。

経産省と世耕大臣がWTO理事会での韓国の暴走を暴露:勝手に採決を求めるも議長に制止・打ち切られる

経産省と世耕大臣が韓国のWTO理事会での暴走を暴露しています。韓国メディアに表れた韓国政府側の主張がまたしても捏造だったことが分かりました。

韓国「WTOの支持取り付け失敗」ホワイト国除外へ

7月24日ジュネーブで開かれた世界貿易機関(WTO)の一般理事会において、韓国を支持する動きがなかったと報じられています。あまりぬか喜びしても意味が無いので、このニュースの価値について言及します。

世耕経産大臣が輸出管理・ホワイト国除外について会見:韓国のWTO意見書に反論

7月24日、世耕経産大臣が輸出管理・ホワイト国除外について会見しました。韓国の韓国産業通商資源部長官が記者会見で主張した内容,WTO意見書の内容について世耕大臣が反論したので概要を整理します。

経済産業省が韓国側の記者説明に対する反論文掲載:法的根拠が不明確

7月19日、経済産業省が韓国産業通商資源部による記者説明に対して反論しました。その中で1点、分かりにくい所があるので、その意味を解説します。

NHK WORLDもC4ADS報告書を印象操作:韓国釜山に触れず「日本経由」を強調

NHKは日本語版以外にも"NHK WORLD-JAPAN"という英語媒体を持っています。しかし、北朝鮮への密輸について、「韓国の釜山を経由」していたことには触れず、「日本経由」を強調する印象操作がありました。

り地域終了:韓国のホワイト国除外でWTO提訴は不発に終わる

メディアでは「日本側にGATT21条の例外事由があるのか?」という視点だけが報じられ、なぜか韓国側の事由はあるのか?という視点がありませんが、韓国側の主張の根拠は、ホワイト国からの除外で完全に空振りに終わると思われます。

C4ADS北朝鮮調達網報告書:美濃物流・瑞祥から韓国釜山経由で北朝鮮へ車を密輸

ロッテルダム⇒大連⇒大阪⇒釜山⇒⑤ロシア⇒⑥北朝鮮の平壌のルートに「美濃物流」「미노로지스틱스=ミノロジスティクス」「瑞祥株式会社」が関係、実質的に同一主体か。

ムンジェイン大統領「日本は言葉を変えた」というデマ:ホワイト国からインビジブル国へ

ムンジェイン大統領が日本の優遇廃止措置について、3回目の公式声明を出しました。これに対して世耕弘成氏が反論として自身の個人的見解をツイートしました。韓国側の特徴的な工作が垣間見えるので指摘します。

韓国をホワイト国排除する日本の説明が不適切?信頼関係・徴用工問題を持ち出した意味

日本が韓国についてホワイト国から排除する方針等を説明しましたが、その際の日本側の説明に不適切な部分があったという指摘があります。その問題意識の共有と、さらに懸念している事項について指摘します。

ホワイト国除外決定的:韓国が事務説明会の発言内容も捏造:異例の記者会見

12日行われた韓国への輸出規制をめぐる日韓の事務レベルの会合について、経済産業省は韓国側の発表に対して反論をする異例の記者会見を行いました。

北朝鮮に横流し?韓国の不適切輸出管理についての古川勝久と李泳采(イヨンチェ)の議論:日テレ深層News

元国連北朝鮮制裁専門家パネル委員の古川勝久と恵泉女学園大学の李泳采(イヨンチェ)教授により日韓の見解が語られましたので、気になるところを抜粋して要約しました。

ホワイト国から除外予定の韓国産業省公開の戦略物資無許可輸出の年次報告書

韓国の産業省は「韓国は戦略物資無許可輸出摘発と措置の現状を毎年公開している」と言っていました。韓国が公表しているとするデータに何が書いてあるかを見てみましょう。

韓国産業部「勘違いだった」日韓の輸出管理の戦略物資会議が開かれなかった理由

日韓の輸出管理にかんして、韓国産業部の人間が日本との協議が不開催だったのは日本の担当が空席だったため、と言っていたことが間違いであると韓国側が認めました。

日本から北朝鮮に大量破壊兵器関連物資等が不正輸出された事例

日本から北朝鮮に不正輸出された事例について。CISTECと警察庁のデータがあったので紹介します。

韓国、無許可輸出摘発リストで戦略物資輸出管理制度の透明性を「アピール」の異常性

韓国政府がFNNが報道した戦略物資の不正輸出リストに関して、「戦略物資輸出管理制度の透明性が反証された」などと「アピール」しています。その異常さについて指摘します。

韓国政府の不正輸出リスト、5月に報道されていた:産業通商資源省の戦略物資無許可輸出摘発現況

FNNが独自スクープとして報じた韓国政府作成の不正輸出リスト。実は、過去に朝鮮日報が報じていました。

韓国産業部関係者がフェイクニュース:「戦略物資会議の協議不開催は日本の担当局長が空席のため」

朝鮮日報が韓国産業部の関係者の説明を報じたが、世耕大臣がフェイクと断じました。

ムンジェイン大統領、半導体製造品目の輸出規制強化の撤回要求「誠意ある協議を求める」⇒協議無視してきたのは韓国でした

ムンジェイン「誠意ある協議を求める」⇒協議無視してきたのは韓国でした

韓国を「ホワイト国」から除外する措置に対するパブリックコメント例

自分でパブリックコメントを呼び掛けておいて何もしないというのは不誠実なので、コメントした内容について、まったく参考にならないかもしれませんが、公開します。

韓国をホワイト国から除外!半導体製造品目の輸出管理体制の見直しも

韓国がホワイト国から除外され、半導体製造品目の輸出管理体制の見直しも行われることとなりました。これらの措置について混同が見られるので整理するとともに、ホワイト国除外へのパブリックコメントも周知します。