事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します

ニュース

ニュースを基に書いた記事。

「加計学園理事長の記者会見のタイミングがゲス過ぎる」という人へ

加計学園理事長の加計孝太郎氏が6月19日午前11時に記者会見を開きました。発言の要旨と問題とされている内容、テレビ朝日のセクハラ記者会見との比較をします。

米朝会談の合意文書(全文)と会談後のトランプ大統領記者会見の発言

米朝会談の合意文書とその後のトランプ大統領の記者会見の発言について聞き取りをしました。やっつけなので間違いが多々あるかもしれません。

黒岩たかひろ衆議院議員が新潟県知事選投票当日に「電話かけ」は公職選挙法129条違反?

プルルルル、プルルルル「お忙しいところ失礼いたします。私、「投票率を向上させる市民の会」のKと申します。」 黒岩たかひろ衆議院議員が新潟県知事選の投票日当日に新潟県民に電話かけをしたと暴露しましたが、公職選挙法違反になるでしょうか?

【2018新潟県知事選】花角英世、池田千賀子らに対するデマ情報等のまとめ

2018年新潟県知事選の候補者である花角英世(はなずみ英世)、池田千賀子(池田ちかこ)らに対するデマが多く流れました。また、デマ以外にも問題視された行為についてまとめます。

「二度目の人生を異世界で」まいん氏著作が出荷停止:出版社のホビージャパンと表現の自由

「二度目の人生を異世界で」のアニメが制作中止となったことに加え、原作者のまいん氏の著作について出版社が自主的発禁措置を取ったことが物議を醸しています。事実関係を整理した上で、表現の自由が護られなくなるという危惧があるのでそれについても言及…

内閣府国政モニターの魚拓、キャッシュ:ヘイトや差別はあるのか

内閣府の国政モニターのサイトが2018年5月2日に突如公開中止となりました。 魚拓、キャッシュがあるので、掲載します。

財務省福田事務次官のセクハラ認定:退職金減額へ:人事院規則と懲戒処分の指針

27日2時配信の記事 財務省は26日、週刊誌でセクハラ疑惑が報じられ財務事務次官を辞任した福田淳一氏について、事実上の処分に踏み切る方針を固めた。調査を通じて懲戒処分相当のセクハラ行為が確認されたとして、退職金を減額する。 セクハラに該当す…

野党6党による国会審議の空転は単なる審議拒否・日程闘争ではない懲罰か刑罰を

野党6党が国会審議の空転をさせましたが単なる日程闘争ではありません。野党自らが提出した法案審議のために設けられた日程を野党が自分からボイコットした犯罪行為です。このような場合に適用可能な罰則はないのかどうか検討しました。

TOKIOの山口達也メンバー書類送検でRの法則終了、ジャニーズ謝罪:非親告罪化で検察は起訴するか?

TOKIOの山口達也メンバーが女子高校生に強制わいせつとして書類送検されました。非親告罪化したこの罪ですが、示談が成立してからの起訴はありうるのか?法制審議会の議事録ベースで整理していきます。

テレビ朝日角南社長記者会見:女性記者への福田事務次官セクハラ被害疑惑について言及

2018年4月24日、テレビ朝日社長の定例記者会見でセクハラ疑惑についての見解が角南社長から述べられました。新たにテレビ朝日側から示された状況と疑問点を整理していきます。

自衛官3等空佐が民進議員へ「国民の敵」?小西ひろゆきの矛盾が露呈

自衛官が民進党小西ひろゆき参議院議員に対して「国益に反する」旨の発言を行った件で、「国民の敵」と言ったか?小西氏の「物証」は嘘であり、発言にも矛盾があることがわかったので早く亡命してください。

共産党入手の下村博文氏の講演会音声データ公開は「ある意味犯罪」?セクハラ被害とする女性記者の行為について

下村博文元文科相の講演会にて。福田淳一財務次官のセクハラ?発言をテレビ朝日の女性社員が録音して週刊誌に渡したことを「ある意味で犯罪だ」述べた。講演会の音声データは共産党が取得、公開されていますが、それもオフレコ録音では?

【二次被害】waiwai問題の毎日新聞がテレビ朝日女性記者の実名を追認:財務省福田事務次官セクハラ疑惑

「テレ倍朝日の女性記者がネット上で名前をさらされるなどの2次被害を受けている」毎日新聞ってバカなんじゃないの?「女性記者」が「二次被害をおそれた」とされているその思いを踏みにじった行為になっています。

ネットで拡散:進優子、松原文枝、立松朗について整理:民進党と望月衣塑子

テレビ朝日の女性社員セクハラ被害疑惑について、女性社員は「進優子」セクハラをもみ消した上司は「松原文枝」であるという話が大々的に拡散されているので、この情報の経緯を整理してみます。なんかトラップ臭いなとも思うのですが、可能性の話として書い…

野党6党国会審議拒否は偽計業務妨害ではないか?憲政史上初の暴挙

2018年4月20日「野党が審議拒否」今回は異常です。対案を出した野党答弁者がいないために審議が止まるというのは前例がない。つまり憲政史上初の暴挙ということ。主犯格には偽計業務妨害が適用されるべきではないか?

陸上自衛隊イラク日報村5:バグダッド日誌、バスラ日誌の画像:2006年6月7月ラストまで

イラク日報村2006年6月7月分(ラスト)です。おもしろ日報の「バグダッド日誌」、「バスラ日誌」の画像をまとめて掲載しています。いちいちファイル開くのが面倒で別の情報はいらないという人はどうぞ。

陸上自衛隊イラク日報村4:バグダッド日誌、バスラ日誌の画像:2006年4月、5月分

イラク日報村2006年4月5月分です。おもしろ日報の「バグダッド日誌」、「バスラ日誌」の画像をまとめて掲載しています。いちいちファイル開くのが面倒で別の情報はいらないという人はどうぞ。

テレビ朝日は男女雇用機会均等法違反?女性社員のセクハラ被害と記者会見:財務省福田事務次官辞任を受け

2018年4月18日財務省福田事務次官辞任を受けて19日深夜0時にテレビ朝日が自社の女性社員がセクハラ被害の事実があったと記者会見を開きました。一連の事態が孕む問題点についても言及していきます。

陸上自衛隊イラク日報村3:バグダッド日誌、バスラ日誌画像:2006年2月、3月

イラク日報村2006年2月3月分です。おもしろ日報の「バグダッド日誌」、「バスラ日誌」の画像をまとめて掲載しています。いちいちファイル開くのが面倒で別の情報はいらないという人はどうぞ。

陸上自衛隊イラク日報村2:バグダッド日誌、バスラ日誌:2006年1月まで

イラク日報村2005年12月と2006年1月分(2回目)です。おもしろ日報として「バグダッド日誌」、「バスラ日誌」が話題ですが、これはイラク日報の極々一部であり、辿り着くのは面倒なのでここにまとめています。

陸上自衛隊イラク日報村1:バグダッド日誌、バスラ日誌2005年11月までを置いておきます

自衛隊イラク日報村です。陸上自衛隊のイラク日報が「おもしろ日報」として話題なので、ここに全ての日誌の画像を置いておきます!

防衛省自衛隊日報が面白い:バグダッド日誌バスラ日誌などの見つけ方

自衛隊の日報が開示されました。その中で日報の「日誌」が面白いと話題になっています。とはいえ、日報の数は膨大なものなので見つけるのは大変です。そこで、この記事では面白い日報の見つけ方をナビゲートしていきます。

音声合成か:福田事務次官のセクハラ疑惑でビビットが分析

週刊新潮が報じた財務省の福田淳一事務次官のセクハラ発言疑惑で更にフェイクの可能性が高まる情報がありました。 TBSテレビ「ビビット」内で示された解析結果では複数の音声が合成された可能性があるという指摘がありました。

国会前大集合デモ:道交法違反のバリケード突破決壊動画2018年4月14日

2018年4月14日の国会前大集合と題されたデモにおいて、警察のバリケードが強行突破されたので突破の瞬間ないし直後の動画配信をしているツイートをピックアップしました。比較的近くて顔が見えるものを引用。

首相案件とは国家戦略特区の獣医学部新設案件:加計学園問題と行政文書

「首相案件」と書かれた書面が話題になりました。「首相案件」とは何なのか?国家戦略特区や行政文書の基本的な理解と併せて整理していきます。

見出し詐欺の温床:日テレのSNSタイトル書き換え不履行を例に

記事のタイトル要素、リンクテキストの文字列を変更することは多々あることです。 事実と異なった表記から正しい表記に変更すること自体は正当です。 しかし、実は記事の情報とSNSシェア時の情報はリンクしているとは限りません。 記事修正後もSNSシェ…

佐川宣寿氏証人喚問:丸川珠代の質問は誘導尋問?というフェイクニュース

3月27日の参議院予算委員会での佐川氏の証人喚問が行われなした。 その際に自民党の丸川珠代議員が行った質問が誘導尋問ではないか?という指摘があるので整理します。 丸川氏の質疑のテキストはこちら 誘導尋問とは?定義はなにか? 国会の場では誘導尋…

佐川宣寿前理財局長証人喚問の質疑答弁概要:平成30年3月27日参議院予算委員会

平成30年3月27日参議院予算委員会9時30分以降に行われた証人喚問について 証人:佐川宣寿、前財務省理財局長 凡例:◆質問者 ◎佐川 ※この記事は発言を一言一句捉えたものではないため注意。表現については実際の発言と異なるものがあり得る。長い質問…

毎日新聞のフェイクニュース「麻生氏が処分検討」訂正:取締役小川一Twitterは未だ訂正せず

森友文書の書き換え問題に関し、毎日新聞が「麻生財務大臣が官僚の処分を検討」とする誤報を訂正しました。しかし、取締役の小川一は未だ当該ツイートを削除等していません。それがなぜ問題なのかを整理しています。

「加計学園問題でも公文書書き換え」というフェイク

真実と異なる内容を正した「訂正」であり旧文書も保管・開示されている「再決裁・供覧」に過ぎない。違法性が無いどころか文書管理体制上の問題も無い正当な行為「許される書き換え」と「改ざん」の違いを整理しています。