事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します

「天皇は韓国人・朝鮮人」とかいう話の出所・ソース

f:id:Nathannate:20190701200649j:plain

「天皇は韓国人・朝鮮人」などと言っている人たちが居ます。

まともに相手をする必要はないのですが、この話の出所を示したうえで、日本の皇室と朝鮮半島との歴史について振り返っていきたいと思います。

天皇陛下(上皇陛下)の韓国とのゆかり発言のソース

この話の出所は天皇陛下(上皇陛下)の「韓国とのゆかり発言」です。

天皇陛下お誕生日に際し(平成13年) - 宮内庁

問3 世界的なイベントであるサッカーのワールドカップが来年,日本と韓国の共同開催で行われます。開催が近づくにつれ,両国の市民レベルの交流も活発化していますが,歴史的,地理的にも近い国である韓国に対し,陛下が持っておられる関心,思いなどをお聞かせください。

天皇陛下
日本と韓国との人々の間には,古くから深い交流があったことは,日本書紀などに詳しく記されています。韓国から移住した人々や,招へいされた人々によって,様々な文化や技術が伝えられました。宮内庁楽部の楽師の中には,当時の移住者の子孫で,代々楽師を務め,今も折々に雅楽を演奏している人があります。こうした文化や技術が,日本の人々の熱意と韓国の人々の友好的態度によって日本にもたらされたことは,幸いなことだったと思います。日本のその後の発展に,大きく寄与したことと思っています。私自身としては,桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると,続日本紀に記されていることに,韓国とのゆかりを感じています。武寧王は日本との関係が深く,この時以来,日本に五経博士が代々招へいされるようになりました。また,武寧王の子,聖明王は,日本に仏教を伝えたことで知られております。

しかし,残念なことに,韓国との交流は,このような交流ばかりではありませんでした。このことを,私どもは忘れてはならないと思います。

ワールドカップを控え,両国民の交流が盛んになってきていますが,それが良い方向に向かうためには,両国の人々が,それぞれの国が歩んできた道を,個々の出来事において正確に知ることに努め,個人個人として,互いの立場を理解していくことが大切と考えます。ワールドカップが両国民の協力により滞りなく行われ,このことを通して,両国民の間に理解と信頼感が深まることを願っております。

要するに日韓ワールドカップを前にした状況で、記者から韓国との関係について聞かれた際にお答えなさった内容であるということ。

桓武天皇の生母が百済の武寧王であるかについては、実は見解に相違があるのです。

上皇陛下は、そうしたことを考慮して、続日本紀に「書いてある」という事実を言っているだけに過ぎません。 

桓武天皇の生母「高野新笠(たかののにいがさ)」

桓武天皇の生母である高野新笠(たかののにいがさ)は百済の武寧王の子孫であるということが続日本紀に書かれています。

武寧王の没年は523年であり、高野新笠の推定生年は720年頃とされています。

ここには約200年の開きがあります。

白村江の戦いで滅亡した百済の民族が日本に亡命したのは663年以降のことであるので、このような新来の渡来人ではなく、それ以前に帰化した氏族であったと言われています。

既に何世代にも渡って日本に定住していた者が、たまたま皇族と婚姻したというだけの話であって、武寧王が存命中に政略結婚をしたとか、そういう話ではないのです。

しかも、今の韓国は百済を滅ぼした新羅とそれを併合して朝鮮半島を統一した高麗が源流ですから、遥か遠い歴史を思い知ります。

これをもって「天皇には韓国の血が入っている!!」などと騒ぎ立てるようなことでもなく、何ら忌み嫌うような話でもないのです。

さて、実は皇室と韓国との「縁」は、近代にもありました。

朝鮮王族と婚姻した梨本宮方子女王(李方子)

梨本宮方子(なしもとのみやまさこ)女王(李方子)は、1920年(大正9年)4月28日、李垠と婚姻して王公族の身分となりました。日韓併合後の「内鮮一体」の方針に基づく政略結婚でした。
(大韓帝国の李朝の王族は、併合後、大日本帝国の皇族に準じる王公族の扱いだった)

敗戦後には日本国籍を喪失し、韓国人として障害児教育に取り組み、知的障害児施設の「明暉園」と知的障害養護学校の「慈恵学校」を設立する等の功績により韓国政府から勲章が授与されました。

息子2人には子が生まれなかったため、この系統は廃絶しています。

2001年当時には方子の息子である李玖は存命であったにもかかわらず、上皇陛下が方子に関する事柄について言及しなかったのは、単に歴史の深い事柄を優先的に触れたに過ぎないのでしょうか?

それとも、上皇陛下が「しかし,残念なことに,韓国との交流は,このような交流ばかりではありませんでした。このことを,私どもは忘れてはならないと思います。」と仰ったように、日韓併合そのものを良い歴史としては捉えていなかったということでしょうか?

2002年日韓ワールドカップの結果

その後の2002年日韓ワールドカップについては改めて言うまでもないでしょうが。

その結果がこれ

ニコニコ動画のスポーツランキングで常に上位にランクインしてる動画。

たぶん工作によってずっと上位になってると思います。

日韓ワールドカップを境に、日本人の韓国に対する認識は変わりました。

イタリアは仙台を拠点にしていましたので、仙台出身の私としては当時の衝撃を今でも思い出します。

まとめ:「天皇は韓国人・朝鮮人」とかいう陰謀論

女系論で考えれば「天皇は朝鮮王の子孫」なのでしょう。

しかし、天皇は男系継承で世襲してきた系統なので、そのようには考えません。

日本には天照大神とは別系統の神の子孫が居ましたので、女系で見たら神武天皇に繋がらない、という例はいくつもあるでしょう。

また、高野新笠が百済の帰化人の末裔であったという事実に何ら不都合が無いということは既に示した通りです。

「天皇は韓国人・朝鮮人」などという話は、嫌韓の風潮に乗っかってアクセスを増やそうとしていたり、それを逆手にとって皇室に対する敬愛の心を削ぐために仕組まれた、質の低い陰謀論に過ぎません。

ここで言及したことは、月刊WiLL8月号で竹田恒泰氏が詳しく論じています。

以上