事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

フェイク「新型肺炎コロナウィルス患者が関空から逃げUSJと京都へ」デマの発信源

「新型肺炎コロナウィルス患者が関空から逃げUSJと京都へ」デマの発信源

「新型肺炎患者が関空から逃げUSJと京都へ」というデマの発信源のまとめ。

偽計業務妨害罪で逮捕されたくなければ、これらの情報をシェアした人は取り消すべきです。

1:weiboで「新型肺炎患者が関空から逃げUSJと京都へ」

中国版ツイッター「微博=weibo」で「関空で武漢から来た中国人観光客が発熱とせきをしているのが見つかり、病院に搬送されたが逃げた。USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)と京都に行かなければならないらしい。」という趣旨の発信があり、それがいろんな形で拡散されました。

2:日本のツイッターユーザが拡散

魚拓

1月23日の夜になると、日本語ユーザーの中でも拡散が始まります。

これらはそれぞれ2800、1万1000リツイートされています。

これ以外にも小さい規模なら無数のシェアが見つかります。

3:キュレーションサイトが再拡散

新型肺炎コロナウィルス患者が関西空港からUSJ,京都に逃亡というフェイク

10時台には「はちま寄稿」 が12時台にはShare News Japan

これらのキュレーションサイトが拡散していました。

これらのサイトの影響が大きいと思います。

大手メディアがデマと報道も拡散は続く:偽計業務妨害罪になることも

デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から - 毎日新聞

午後には各所がデマだということを報道し始めましたが、その後もweiboのデマの内容について「未確認情報だが」などとしながらもツイートする者が散見されており、おそらくこの影響は明日朝まで続くと思います。

大阪の吉村知事のツイートに対してもリプライ欄で「何やってるんだ」的なツイートがありましたし。

まとめサイト、キュレーションサイトは誤情報でも騒ぎになればなるほど利益が出るので、デマの拡散者になりたくなければ、そもそもそういうサイトをシェアしないというのが最大の自衛方法です。

熊本地震の際に「ライオンが逃げた」というデマを拡散した男は偽計業務妨害で逮捕されているので、今回もそうならないとは言い切れません。

以上