事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

大村知事「河村市長はヘイトまがいのスピーチ」河村市長「表現の自由の名を借りた世論のハイジャック」

f:id:Nathannate:20191009111615j:plain

愛知県の大村知事が名古屋市の河村市長が表現の不自由展再開に抗議したことに対して「ヘイトまがいのスピーチ」と言い放ちました。

もはや事理弁識能力を疑います。

大村知事「誹謗中傷のプラカード」「常軌を逸してます」

「美術館の敷地の中で」という部分が事実と異なることに気付いたのか、最初のツイートは削除して改めて同種内容のツイートをしています。

大村知事「河村市長はヘイトまがいのスピーチ」

大村知事は河村市長は「事実と異なるプラカードを並べて、ヘイトまがいのスピーチをした」とまで言っています。

この評価は妥当なのでしょうか?

河村市長の座り込みとプラカードと演説

f:id:Nathannate:20191008153530j:plain

陛下への侮辱を許すのか」「天皇陛下の御真影を燃やすな

芸術に名を借りた悪質なプロパガンダ」「県は公金の不正使用を認めるな

これが「ヘイトまがい」なのでしょうか?

「検閲」という言葉の意味すら歪める大村知事らしい発言ではあります。

なお、大村知事は自分が投稿した自分のコスプレ画像を含むツイートのスクショを添付したツイートに対しても「誹謗中傷」と言っているような人物です。

「陛下を侮辱した」や「悪質なプロパガンダ」などの文言は「事実」ではなくて、「事実に対する評価」です。

「事実と異なる」という指摘は当たらないことは明らかです。

右翼団体と共同で?

この映像を見ると、河村市長の意思とはまったく別に、勝手に自分らの意のままに河村市長の演説を煽ろうとする輩が一定数居るというのが分かります。

(別角度からこの画面の方向を撮った写真を見るとわかりますが、明らかにその手の人たちっぽい容貌の方がたが居ます。)

これは単に河村市長に強要しているだけです。

河村市長の演説「国民・愛知県・名古屋市を騙している」「表現の自由の名を借りて世論を暴力的にハイジャック」

f:id:Nathannate:20191008114916j:plain

9月20日に大村知事に対して河村市長から送付された公開質問状では、捏造慰安婦像=少女像の展示が申請時に意図的に隠されていたことが示唆されています。

大村知事はこれに対して公式に回答していません。

これが事実であれば法的には分かりませんが、国民・愛知県民・名古屋市民を騙して補助金詐欺を働いたと言われても仕方がないでしょう。

また、「表現の自由の名を借りて世論を暴力的にハイジャック」という点については否定的な見解もあると思いますが、大村知事がトリエンナーレ実行委員会に諮らずに会長権限で一方的に展示を再開したことは事実であり、その姿勢をマスメディアも擁護している事態は「世論をハイジャック」と呼んで良いでしょう。

「暴力的」という用語法に私は与しませんが、大村知事が幾度となく言葉の意味を捻じ曲げて拡大解釈に留まらない用語の創造をしていることに対応したものなんだろうと思います。

以上