事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

辻元清美「ChimPomのエリイさんと」

f:id:Nathannate:20191010094036j:plain

表現の不自由展で「被曝最高!放射能最高!」の映像を作ったChim↑Pomのメンバーの一人が辻元清美と面会していたことが判明しました。

が、これはあるイベントで同席しただけのようです。

辻元清美「ChimPomのエリイさんと」

とまぁ、辻元清美と面会していたのは確かですが、実は、同時にそれ以外の方にも会っていたようです。

ChimPomエリイ氏「村井知事、辻元清美さん、小林武史さんと」

f:id:Nathannate:20191010102556j:plain

https://web.archive.org/web/20110712011237/http://fes.apbank.jp/contents/eco_reso_talk.php

エリイ氏が辻元清美議員と会った場というのは、「ap bank fes '11 Fund for Japan」というイベントの登壇者として、宮城県知事の村井嘉浩氏やミスターチルドレンの元プロデューサーである小林武史氏らとの共演者として同席していたということでした。

気合100連発とChim↑Pomエリイ氏

 

表現の不自由展で展示されている映像作品の「堪え難き気合100連発」(「気合100連発」にNGワード指定が入って音声にぼかしを入れた部分がある作品)についても少し検証しました。※現在ネットで出回っている上記映像は2013年の六本木、森美術館での展示の様子です。

そこで「放射能最高!」「被曝最高!」と叫んでいるのが問題視されています。

当初、この言葉は「地元の若者が恐怖や混乱を克服してやるという気持ちからその場のノリで発したもの」だと思っていました。

しかし、この作品は2011年の当時、福島県の南相馬市で津波の被害が収まらない中、現地の若者とChim↑Pomのメンバーが円陣を組んで叫ぶ様子を映したものです。

円陣ではChim↑Pomのメンバーであるエリイ氏が「放射能が出てるよ」「30マイクロシーベルト」などと叫んだことが発端であったことが分かりました。

こちらのリミックス版の冒頭では「放射能が出てるよ!」がループ再生されています。

この映像そのものは評価が分かれると思います。

私は、「ふざけているな」という感想以上のものはありません。

ただ、状況によってはさらなる要素が追加されると思うのです。

表現の不自由展の一部作品となったことの意味

f:id:Nathannate:20191010111234j:plain

この映像作品が表現の不自由展の一部として展示されていることは、その意味合いがかなり限定されてくると思います。

f:id:Nathannate:20191010111244j:plain

トリエンナーレ検証委員会データ ・ 図 表 集を見ると、津田大介が声をかけて出品を打診し、その後も自らが調整を行ったとあります。津田大介肝いりということでしょう。

表現の不自由展には昭和天皇の肖像を含む絵が焼却されて踏みつぶされる映像や捏造慰安婦像が展示されており、しかもその申請過程が隠されていたという状況があります。

そうした一連の経緯や展示の全体からは明らかに「日本政府・日本国民を騙して公的機関が主催する場所で日本disをしてやる、それを海外(主に韓国)に発信されるようにしてやろう」という意図がありありと感ぜられます。

Chim↑Pomの気合い100連発の「制作の意図」が日本disであるかは分かりません。

しかし、表現の不自由展の一部として展示された堪え難き気合い100連発という映像の「展示の意図」は日本disとしか思えなくなりました。

これはChim↑Pomに非が無かろうと仕方がないことです。

その責任は津田大介にあります。

以上