事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

「愛知県が新型コロナ感染者の国籍を非公開にした」という情報の真偽について

「愛知県が新型コロナ感染者の国籍を非公開にした」という情報の真偽について

「愛知県が新型コロナ感染者の国籍を非公開にした」という情報

魚拓

8月1日の午前8時にこのようなツイートがされたのがきっかけです。

このツイートは高須院長も「え?」という言葉とともに引用リツイートされたので、Twitterではそれなりに広まっています。

比較されているのは、「7月19日現在」と書かれているものと、「7月30日現在」と書かれているものです。

愛知県の感染者情報ページ、現在は国籍表示あり

愛知県が新型コロナ感染者の国籍を非公開にした?

愛知県内の感染者・検査件数 - 愛知県8月2日魚拓

7月31日現在」と書かれているものを見ると、国籍も掲載されています。

で、7月30日の時点でどのように記述されていたのかは、魚拓が残っていませんでしたし、Googleのキャッシュも残っていなかったため、確認できませんでした。

4月中旬から国籍欄の空欄が目立つように

リストを下に見ていくと、4月中旬から国籍欄の空欄が目立つようになり、日本国籍以外が書き込まれることは無くなりました。

これが、感染者が日本国籍者しか居ないからななのか、外国籍の者は記載しないからなのかは分かりません。

そして、直近で日本国籍と明記されているのは7月28日のものなので、7月29日にいきなり国籍を記入しなくなったというような運用変更があったわけではありません。

それまでにかなり空欄が目立つようになっていました。

愛知県の感染者の国籍表記は今は存在している

結局、ツイートした人の情報の真偽(7月29日に、過去分にさかのぼって国籍欄が空白のものがUPされたか否か)は確かめようがありませんでしたし、本人も「現在は掲載されている」という旨のツイートもしています。

そして、愛知県の感染者情報において、現在は国籍が掲載されている以上、もはやどうでもいいこと、ということになります。

以上