事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

DHCテレビが青山繁晴議員の出演休止理由に関連して非難

DHCテレビが青山繁晴議員の出演休止理由に関連して非難

https://dhctv.jp/information/2020-03-05-340970/

DHCテレビが青山繁晴議員の出演休止理由に関連して青山議員を非難する声明をDHCテレビ公式上にUPしました。前代未聞です。

※削除されました。

DHCテレビが青山繁晴議員の出演休止についてアナウンス

DHCテレビが青山繁晴議員の出演休止についてアナウンスしましたが、その内容は異例なものでした。

山田晃プロディーサーが青山繁晴議員との確執を暴露

【青山繁晴さんの3月9日出演休止について】 | DHCテレビ魚拓

  1. 3月9日の青山繁晴議員の出演が延期になった
  2. 青山さんのブログに書かれていることで他の出演者に迷惑がかかっている
  3. きっかけは昨年9月23日、青山議員が番組を休んだ際の顛末
  4. 青山議員秘書が「体調不良」を理由に連絡するも、その後のブログに「仕事が多忙であるという旨」の書き込み。その理由も意味不明だった。
  5. 番組スタッフは「青山さんの都合」で振り回されたくないと表明

ざっくりまとめるとこんな感じです。

問題となった9月の青山繁晴ブログの記述

2019年9月21日:みなさん、ごめんなさい !|青山繁晴の道すがらエッセイ/On the Road

9月23日月曜の虎ノ門ニュースには、参加しないことになりました。
ぼくの仕事の都合です。
 ごめんなさい !
 せっかくの連休中の虎ノ門ニュースですから、サテライトスタジオに行こうと、いい感じで決めてらした方も多いと思うのですが、DHCテレビに無理を言って、一回、お休みにさせてもらうことに決しました。
 その次の週は、今もう隔週制が定着しているわけですから、ぼくがそこに割り込むわけにいきません。
 したがって、ぼくの次の虎ノ門ニュースは10月7日月曜の見通しです。

DHCテレビが指摘したブログ記事は上記ですが、24日に当該事案について触れた記述があります。 

2019年9月24日: 虎ノ門ニュースの月曜日について (すこし手を入れました) (さらに手を入れました)|青山繁晴の道すがらエッセイ/On the Road

▼というわけで、きのうの9月23日月曜は、やむを得ない事情で急遽、お休みしましたが、隔週制にて次の出番となる10月7日月曜の虎ノ門ニュースにふつうに参加します。きょう9月24日火曜の夜現在、その予定でいます。

「仕事の都合」 「やむを得ない事情で」という表現になっています。

体調不良なのか仕事が多忙だったのか

さて、青山議員のブログの記述が「仕事の都合」という記述をどう理解するべきでしょうか?

青山議員のブログがメンテナンス中であり、青山議員からの弁明も無いので現時点で分かることから評価していきます。

「体調不良」と矛盾するのか?

「体調不良」と矛盾することになり、嘘を言っていたということになるでしょうか?

私は、これは矛盾は直ちにしないと思います。

確かに第一義的には異なる理由を言っていることになると思います。ただ、体調が悪くても議員としての仕事で抜けられないものはあるでしょうし、自宅で別の仕事はできるからです。

虎ノ門ニュースに出演するということはスタジオに移動する負担、2時間の間、映像に耐えうる話を続けるという負担があるのであって、そうした仕事の特性上、自身の体調と照らし合わせて出演は不適切と判断したということなのかもしれません。

DHC虎ノ門ニュースとの信頼関係を損なう表現なのでは?

【青山繁晴さんの3月9日出演休止について】 | DHCテレビ

出演者にしてみれば、青山さんにとって虎ノ門ニュースは大切な仕事ではなく、他に忙しい仕事があれば平気で休むどうでもいい仕事で、その穴埋めをやらされていると思われても仕方なく、番組スタッフはその片棒を担いで嘘を言っているということになってしまいます。
これでは番組スタッフと出演者の信頼関係は瓦解してしまいます。

実態として体調不良と矛盾しなくとも、結局のところ山田プロデューサーが上記指摘する通り、青山議員のブログ上の説明は、虎ノ門ニュースのスタッフとの信頼関係を損なうものでしょう。

「半年くらいで死ぬ」「体調不良と書けば大変なことになる」は意味不明

【青山繁晴さんの3月9日出演休止について】 | DHCテレビ

当然すぐさま秘書さんに確認したのですが、それに対して青山さんご本人から携帯のショートメールが届きました。
そこには下記のように書かれておりました。
「おやすみの理由は体調不良です。このまま身体を無視するなら半年くらいで死ぬと思います。ブログに体調不良なんて書けば大変なことになります。それで仕事の二文字を入れました。ポイントは、あくまでぼくの都合であることです。」

・・・「半年くらいで死ぬ」「体調不良なんて書けば大変なことになります」

正直呆れました。

 「半年くらいで死ぬ」

「体調不良と書けば大変なことになる」

これは意味不明です。こういう大言壮語をするから「雑に扱われているな」とスタッフが思うのは当然でしょう。

3月9日の青山繁晴議員の出演が休止になった直接の原因は?

DHCの山田プロデューサーの文章を読んでも、3月9日の青山繁晴議員の出演が休止になった直接の原因は書いてありません。

なぜか、きっかけとなった昨年の事案が述べられているだけです。

ここは今後明らかになるのでしょうか?

まとめ:「嘘」かは不明だが

青山議員が「嘘」をついたのかは不明ですが、現にDHC公式で山田プロデューサーが怒りを示しているという事実は重要です。

番組出演者に対してプロデューサーが番組公式で非難するという事自体が、およそ「放送界隈」では前代未聞のはずです。

思えばもっと前からその兆候はあったのかもしれませんね。

以上