事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

表現の不自由展再開へ:韓国メディアが速報の意味

f:id:Nathannate:20190930183954j:plain

あいちトリエンナーレの表現の不自由展が再開へ向かうとの報道がありました。

その際に韓国メディアのKBSが速報を打ちました。

その事の意味は何なんでしょうか。

表現の不自由展再開へ

「表現の不自由展」再開へ 時期は10月6~8日で協議 [「表現の不自由展」中止]:朝日新聞デジタル

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、中止になった企画展「表現の不自由展・その後」の実行委員会が展示再開を求めた仮処分の審尋が30日、名古屋地裁であり、展示を再開する方向で、芸術祭実行委員会側と和解した。企画展実行委の代理人・中谷雄二弁護士が明らかにした。

「和解」と言いますが、実質的に不自由展側の意向の通りでしょう。

彼らは「展示している状態」が目的なのだから。

韓国メディアが速報を打つ

魚拓はこちら

表現の不自由展再開への動きは、なぜか韓国メディアが速報を打っています。

他の韓国メディアもハングル版で報じています。

소녀상 선보였다 중단된 日 ‘표현의 부자유전’, 내달 전시재개 합의 - 중앙일보

少女像を展示→中止の日本「表現の不自由展」、来月展示再開で合意
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.30 17:12

中央日報の報道順はハングル版⇒日本語版という順番であり、韓国側での注目度の方が高いことが伺えます。

朝鮮日報に至っては日本語版では未だに(9月30日18時時点)記事化されていないのにハングル版では記事化されています⇒소녀상 선보였던 日 '표현의 부자유전' 10월 재개 - 조선닷컴 - 국제 > 일본魚拓

そもそもの発端はKBSの報道

トリエンナーレの表現の不自由展で昭和天皇の肖像が焼却される映像や捏造慰安婦像=少女像が展示されているということを最初に報じたのは韓国KBSです。

来場者に対してSNSでの拡散は禁止するというルールを設けていたにもかかわらず、韓国メディアに対してはこのような規制は働かせなかったのでしょうか?

韓国メディアは最初からこの事件を注視してきたということです。

この点については不思議な事に、検証委員会でも触れられていません。

公的機関主催の場での捏造慰安婦像=少女像展示が目的

彼らは「日本の公的機関が主催している場で少女像を展示してやったwww

という目的で展示をしようとしているのでしょう。

そのことは当初から指摘していましたが、韓国メディアの異常なまでの素早い動きを見ると改めてそのような目的であると疑わざるを得ません。

仮に、展示しただけでは公的機関の意思として「少女像が表す日本軍の蛮行」を認めたことにはならないとしても、外からの見え方は明らかにそうなるわけです。

「日本の公的機関が少女像の展示を認めた!日本が過ちと向き合っている!」

このような声が韓国国内だけでなく、英語メディアで蠢いている韓国系のライターたちが英語で発信するでしょう。

 

まとめ:憲法上の表現の自由の話ではない

本件は表現の自由がダイレクトに問題になるケースではないというのは検証委員会委員の曽我部教授(憲法学)も指摘している通りです。基本的には契約関係の話です。

本件を憲法学の次元で論じれば「政府言論=ガバメントスピーチ」であり、表現の自由の領域ではなく、何を展示するかは政府の裁量が広く働きます。したがって拡大解釈された検閲概念でもってしても不該当、という結論に筋があるということは何度も指摘してきました。

にもかかわらず、相変わらず「憲法上の表現の自由」の問題であるとして騒ぎ立てている者が憲法学者や弁護士にも居ますが、彼らはイデオロギーに基づいて発信しており、「素朴な意味での表現の自由」という逃げ口上でもって一般人を煽動しているケースがあります。

或いは、法曹資格者が「憲法上の表現の自由」と「素朴な意味での表現の自由」を分けて論じているのに、記事化された状態では混同されている(一般人が一見して違いが分からない体裁になっている)という事なのかもしれません。

注視していれば、どの専門家がイデオロギーに基づいて誘導しているのかが分かるでしょう。

我々はむしろ、芸術に仮託した政治プロパガンダという【ガバメントスピーチの乗っ取り】に対して警戒していかなければならないでしょう。

以上