事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

朝日新聞 原爆投下を「平和への第一弾」と書いていた:一発だけなら誤射かもしれない

朝日新聞は広島原爆投下を「平和への第一弾」と書いていた

朝日新聞昭和22年8月7日

朝日新聞が広島原爆投下について「平和への第一弾」と書いた記事を見つけました。

水口軍医少尉の日記「骨なしの日本記者は非国民」

きっかけはこのツイートでした。

水口軍医少尉の日記中に「骨なしの日本記者は非国民」とあり、その原因となる記事が朝日新聞の昭和22年8月7日だという指摘でした。

朝日新聞 原爆投下を「平和への第一弾」と書いていた

朝日新聞は広島原爆投下を「平和への第一弾」と書いていた

朝日新聞昭和22年8月7日

※クリックで拡大

朝日新聞の記事では「六日午前八時十五分平和への第一弾が廣島の上空五百メートルで破裂して丸二年」と書かれています。

GHQによる検閲を受けていた時期とはいえ、流石にこれはおかしいでしょう。

やはり「一発だけなら誤射かもしれない」の朝日新聞

一発だけなら誤射かもしれない

朝日新聞平成14年4月20日東京版

「一発だけなら誤射かもしれない」とは、朝日新聞の2002年(平成14年)4月20日東京版朝刊第2面に掲載された有事法制記事に関するQ&Aで、「ミサイルが飛んで来たら」という問いに対するアンサーとして書かれたものです。
※2003年と書いてるサイトがありますが間違いです。

こういう事を書いてしまうのは戦後から(戦前からだと思うが)一貫した思想に基づいていたんだなということを再確認しました。

以上