事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

韓国が日韓GSOMIA破棄:その理由・原因は国内問題なのか

 

f:id:Nathannate:20190823144702j:plain

韓国が日韓GSOMIA破棄した理由・原因は何なんでしょうか?

実は2012年にGSOMIA締結1時間前に韓国側から延期を通告してきたということがあり、その分析資料があったので、そこから今回の判断を予想することにしてみます。

韓国が日韓GSOMIA破棄:ホワイト国から除外したから

韓国、日韓GSOMIA破棄 日本の輸出管理措置に対抗(1/2ページ) - 産経ニュース

日本との軍事情報協定を破棄 「外交努力に応じず」=韓国-Chosun online 朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は22日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を更新しないことを決めたと発表した。協定の更新期限は今月24日で、どちらかが破棄を通告しない限り1年間自動延長されることになっていた。

省略

その理由として「日本政府が2日に明確な根拠を示さず、韓日間の信頼喪失で安全保障上の問題が発生したとの理由から『ホワイト国(優遇対象国)』から韓国を除外し、両国間の安全保障協力の環境に重大な変化をもたらした」と説明。こうした状況で安全保障上の敏感な軍事情報交流を目的に締結した協定を維持することは韓国の国益に合致しないと判断したと述べた。

 「日本が明確な根拠を示さずにホワイト国から除外したからだ」というのは韓国青瓦台のツイート(に添付されている画像)でも確認できます。

韓国がGSOMIA破棄をした本当の理由・原因

GSOMIAは軍事同盟ではなく、情報交換の協定でもなく、共有した秘密軍事情報を第三者に漏洩しないように手続を決めようというものです。

ホワイト国除外が安全保障上の問題としても、GSOMIA上の懸念=第三国への情報流出等はまったく発生していないわけです。

しかもアメリカと日本は軍事偵察衛星を持っているが韓国は持っていないので、韓国が情報提供を受けにくくなるだけです。

なので、韓国側にデメリットが大きすぎる判断をしたのが「日本による韓国のホワイト国除外」という韓国側の声明をそのまま信じることは不可能です。

  1. 国内問題を誤魔化すため
  2. 支持率をUPするため
  3. ムンジェイン大統領が北朝鮮のスパイだから
  4. 単純に混乱している

非常にざっくりと本当の原因・理由を考えると上記が浮かびます。

実は、2012年に日韓GSOMIAが締結延期になった(2016年に締結)際の分析文書を読むと、1・2番の可能性が無視できないということが分かります。

2012年に日韓GSOMIAが締結延期された理由

f:id:Nathannate:20190823163754j:plain

「日韓軍事情報包括保護協定(日韓 GSOMIA)締結延期の要因分析」―― 署名1時間前の土壇場で政策変更された背景にあったもの ――林 隆司

韓国を取り巻く国際システムの分析では、日韓GSOMIA 締結延期の直接的な要因に該当するものは見当たらなかった。

省略

即ち、国家レベルから見た日韓 GSOMIA 締結延期の要因は、政府(与党)が、政権安定と次期大統領選挙対策に偏重し、日韓 GSOMIA を締結するという自らの政策決定を推し進めることなく、土壇場にポピュリズム(大衆迎合)に傾いたことによるものであった。

f:id:Nathannate:20190823163811j:plain

韓国の対外政策は国内問題を見れば分かりやすい、という話はいろんな人が言ってますが、2012年に締結1時間前に延期を宣言した韓国政府の動きもまさに国内における政権の支持率等を優先した結果。

2012年当時は半年後に大統領選挙を控えていたのに対し、今は2020年4月の国会議員選挙を8か月後に控えています。ただ、さすがに時期が早過ぎるだろうと思うので、この筋は弱いでしょう。

他方、韓国は2019年8月の現時点で大統領支持率に影響を与える1つの大きな問題を抱えています。

それが法務部長官候補者の曹国(チョ・グク)の不正問題です。

法務部長官候補者の曹国(チョ・グク)のスキャンダル隠し?

의전원 '2번 낙제'에도, 조국 딸 6학기 연속 장학금 1200만원 - 조선닷컴 - 정치 > 정치 일반

[사회]조국 딸 고교 시절 논문 제1저자 등재 논란...조국 측 "지도교수 판단" | YTN

対立拡大、日米韓揺らぐ 対北朝鮮連携に隙 韓国の軍事情報協定破棄|【西日本新聞ニュース】

韓国法務部長官候補者の娘(28)が釜山医学専門大学院に進学した後、二度落第をしても、指導教授が設立した奨学会から3年間1200万ウォンの奨学金を受けていたことや、娘が高校在学中の2週間ほどインターンをし、医学論文の第1著者として登録されたことが不正ではないかなどと騒がれています。

彼はムンジェインが法務部長菅に任命しようとしている人物であるため、野党やメディアからこの件について追及が激しく行われています。

他にも娘の大学入学が不正だとか、チョグク自身が兵役逃れをしていただとか、いろんな疑惑などがあるようです。

で、今回のGSOMIA破棄は「チョグクのスキャンダルを隠すために行ったのでは?いや、まさか、でも…」みたいな感じで考えられる理由の一つにされているのが現状です。

こんなくだらない、些細なことを安全保障上の重大な事項を反故にしてまでやるのか?と考えて無視するのが普通ですが、「韓国なのでさもありなん…」というのが悩ましいところです。

やはりムンジェインは北朝鮮のスパイなのか

前々から言われていたことですが、ムンジェイン大統領がもはや北朝鮮側の人間なので、何をするにしても「北朝鮮を利するため」 という理由であると言った方が説明がつくことが多いです。

ただ、あまりにも陰謀論臭いのでそれなりの人たちはそういう言い方はしませんが。

まとめ:「日本に譲歩を迫るため」ならまだマシ

韓国の日韓GSOMIA破棄が、譲歩しない日本に対する憤り・焦りであるということならばまだマシなような気がします。それは韓国の安全保障上、最低の悪手ですが、上述の予想のどれかよりは、まだマトモというかなんというか。

韓国は国内問題の解決のために対外的に不利になろうとも対外国との問題を利用しがちである、という性質から考えると、本当にくだらない理由からGSOMIA破棄をした可能性が拭えないのが何ともいえないところです。

以上