事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

公開ダイエット(ハンガーストライキ)元山仁士郎君は健康保険不適用?

f:id:Nathannate:20190120131604j:plain

公開ダイエットをしていた元山仁士郎くんがドクターストップされました。

この場合に病院にかかった際の医療費って、保険適用なんですかね?

ハンガーストライキでの入院は保険適用外か

この根拠は健康保険法にあります。

健康保険法 第六節 保険給付の制限
第百十六条 被保険者又は被保険者であった者が、自己の故意の犯罪行為により、又は故意に給付事由を生じさせたときは、当該給付事由に係る保険給付は、行わない。

元山君は故意に給付事由を生じさせたと言えます。

ということで、元山君が保険給付を受けることは健康保険法上、許されてません。

まぁ、仮に給付を受けたとしても「不摂生で病気になった人と比べてどうなの?」という気がしないでもないので、そこをぐちぐち言うのは止めますが。

元山仁士郎君はハンガーストライキをしたのか?

一つ疑問ですが、元山君のやったことは「ハンガーストライキ」なのでしょうか?

4日間、水と塩(砂糖もか)しか摂らない生活をしたということですが

単なる絶食ダイエットではないでしょうか?

ハンストの定義はなさそうなのですが、4日間というのはハンストと言ってはいけない気がします。

香港の「雨傘運動」もたった5日のハンストだった

香港デモ、発起人が「降伏」 学生リーダーは「絶食宣言」でハンガーストライキを開始【雨傘革命】 | ハフポスト

一国二制度」に反対して行われた香港の学生によるハンガーストライキ

実は、こちらも2014年12月1日から6日正午までの正味5日間でした。

学生の自称ハンスト」という点では、同レベルだったということですね。

「一国二制度」については以下の記事でまとめています。 

16年間のハンスト?

16年間のハンストに終止符、インドの「鉄の女」が政界進出へ 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

こんなの見つけました。

これが事実かどうかは不明ですが、超超長期間、点滴だけでハンストを行ったといわれる事例があります。

流石にここまでやらないとハンストじゃない、などとは言いませんが、覚悟の違いを感じざるを得ません。

よくある勘違い:ボクサーの減量とラマダンは飯食うよ

ハンガーストライキに関連してボクサーの減量とラマダンが引き合いに出されてます。

しかし、いずれも食事をするので、比較対象として適切かは疑問です。

ボクサーの減量期は食事制限をしますが、一切の食事をしないわけではなく、低炭水化物、高たんぱくの食事と水の摂取を控えるというだけです。

イスラム教徒のラマダンも、日の出から日没までは水以外を摂取しないというものであって、夕食はたくさん食べてます。

まとめ:元山君はリバウンドに気を付けてね☆

4日間だけなら私も水と塩と砂糖以外摂取しない経験(40度の高熱で水とポカリのみ)はありますし、ツイッターのTLでも同様の経験をしている人をちらほら見かけました。

死にはしません。

まぁ、それは身体にダメージが残ることなので、やらない方がいいですね。

元山君はリバウンドに気を付けて「健全な」生活をしてほしいと思います。

以上