事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します

破産者マップの管理人が特定という5chのデマ

f:id:Nathannate:20190320024335j:plain

「破産者マップの管理人が特定された」という話があります。

これはまったくのデマです。

【5ch】破産者マップ管理人特定はデマ!なぜなら・・・ │ 黒白ニュース

5chで「破産者マップの管理人特定」というデマ

破産者マップ特定5ch

https://web.archive.org/web/20190319171829/http://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1552832792/

「破産者マップが特定された」とされている根拠は5chが出所です。

「Google Adsense(広告のこと)のコードが同じだから」という理由づけです。

上図の投稿は、bounty-hunter.jpとbakasyatyo.comの運営者が同じであり、それと破産者マップの管理人が同じであると言っているようです。

ということで、ソースコードを確認していきましょう。

 破産者マップのアドセンスコード

f:id:Nathannate:20190320021545j:plain

http://hasanmap.tokyo ※今は閉鎖

破産者マップ – 官報に掲載された破産者を地図上に可視化しました(2019年3月14日の魚拓)

アドセンスコード:"ca-7337465557209995"

はい、一致しません。

というか、アドセンスコードで"UA-"はありえません。

それはグーグルアナリティクスという、サイト訪問者をカウントする機能のためのコードです。

では、bounty-hunterのソースコードを見てみましょう。

 bounty-hunter.jp人探し専用サイトのアドセンスコード

f:id:Nathannate:20190320022854j:plain

人探し専用サイト メアド非表示 尋ね人探し人

人探し専用サイト メアド非表示 尋ね人探し人(2019年3月19日の魚拓)

アドセンスコード:"ca-pub-7095074976492923"

はい、アドセンスコードが違います。

ちなみにアナリティクスのコードは以下

f:id:Nathannate:20190320023154j:plain

アナリティクス:"UA-1053128-5"

ちなみに破産者マップは、アナリティクスのコードはありませんでした。

bakasyatyo.comのアナリティクスコード

f:id:Nathannate:20190320023413j:plain

バカ社長一代記

バカ社長一代記(2019年3月17日の魚拓)

bakasyatyo.comにはアドセンスコードがありませんでした。

アナリティクス:"UA-1053128-3"

したがって、bakasyatyo.comとbounty-hunter.jpの運営者は同じであると思われます。

しかし、破産者マップとの関係を示す情報はまったくありません。

ちなみに、5chの書き込みを受けてbakasyatyo.comがアドセンスコードを削除した可能性は、時間的にありえません。

「破産者マップの管理人が特定」は5chの情報からは言えない

それにしても、こんなことはソースコードを読めばすぐにわかる話なのですが、単なる愉快犯だったのでしょうか?それとも、他の理由づけがあるとでもいうのでしょうか?

5chのデマがツイッター上で拡散されてデマだと指摘される例は後を絶たないので、注意しましょう。

既に顔写真を上げているサイトもありますが、名誉毀損になってしまいますよ。

以上