事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

安倍総理は法の支配の「対義語」を回答していた!小西洋之の「人の支配」デマ

f:id:Nathannate:20190307153501j:plain

クイズ王・小西洋之議員が参議院で「法の支配の対義語を答えよ」と質問しました。

これに安倍総理が回答できなかったというデマが本人によってばらまかれています。

この場合の法の支配の「対概念」は人の支配ではありません。

法の支配とは

法の支配」とは"Rule of Law"の訳語です。

イギリスのダイシー教授の憲法論が代表的です。

その中で触れられているH,de.ブラクトン(~1268)の「国王は、いかなる人の下にもあるべきではない。しかし、神と法の下で統治すべきである」「何故ならば、法が国王をつくるのであるから」という言葉がありますが、これが「法の支配」の中心的な内容であることは間違いありません。

専断的権力(arbitrary power)、とくに政府の広汎な裁量権の支配に対立する正規な法(regular law)が優越するというのが法の支配の核心的部分です。

伝統的な「法の支配」は各国で異なる

法の支配と裁判 (1960年) [Jan 01, 1960] 田中 耕太郎を参考にします。

実は、「法の支配」の意味内容は国によって異なります。

日本国の法体系が属すると言われる英米法系の国であるイギリスとアメリカについて言うと、両者とも「正規法の絶対優位」は執行権の優越に対する個人の権利自由の擁護として発展したものですが、その存立基盤が異なります。

イギリスの場合、正規法の絶対優位は政府の専断、特権、広汎な自由裁量権の排除によって確立されています。念頭にあるのは国王大権の抑制であり、議会と裁判所は協力関係にあります。

一方アメリカの場合、それは裁判所の違憲審査権によって確立しています。議会(立法)と政府(行政)に対する抑制的機能が念頭にあります。

こうしてみると「法の支配」はそれぞれの国家に固有の歴史や政治的事情と密接に結びついて構成されていると言えるでしょう。

「法の支配」の「法」を完全に定義することは困難であると田中耕太郎は言います。

なお、「法治主義」とも異なりますが、一応の区分けとしては自然法を観念するか否かと言うことができるでしょう。

より詳しくは以下にまとめてあります。

人の支配と法の支配

法の支配の「対概念」は「人の支配」と言われます(芦部憲法も一言だけ触れてる)。

その意味内容は「正規法の絶対優位」ではない状態ですが、既述のように各国毎に法の支配の内容が異なるために、意味内容の確定は難しいでしょう。一般的には「為政者が裁量でルールを無視できる」のような状態を指すのでしょう。

ただ、法の支配の「対義語」が人の支配だという説明を私は見たことがありません

対義語とは何ぞやという話になってきますが、今回はそういう話にはしません。

それよりも、安倍総理はどのような意味で法の支配と言い答弁したか?が重要です。

安倍総理の言う法の支配は国際関係における意味

小西洋之議員は「総理は法の支配と言いますが~」と総理の発言を前提にしています。

安倍総理が法の支配という言葉を持ち出すのは国際関係の場面においてです。

一国内における「法の支配」とは異なる場面であるということに気づきます。

実際安倍総理は、こう答えています。

アジア太平洋の海を繁栄の海としていく、インド太平洋を繁栄の海としていく上においては、法の支配、国際法の支配の中においてルールを守るということが大切であると。いわば力による現状変更ということは認めないということでございまして

安倍総理はちゃんと「力による現状変更」と答えています。

国際関係における「法の支配」と 「力の支配」

f:id:Nathannate:20190307160043j:plain

国際社会における「法」観念の多元性*一一地球大の「法の支配」の基盤をめぐる一試論一一粛藤民徒

国際社会における「法」観念の多元性*一一地球大の「法の支配」の基盤をめぐる一試論一一粛藤民徒ではしばしば「力の支配」と対置されるとあります。

これは当然です。

国家vs国家の場面では、「為政者が誰か」という話にはならないからです。

国連は【国際法の諸原則に合致する法規範に依拠した統治の原則】を「法の支配」としています。国家の行為が問題になる以上、主体は国家であって、決して「人」ではありません。

したがって、国際関係の場面で『法の支配の対義語は人の支配なんだ!』と言うのは明確に間違いです。

その他の資料としては国際社会における法の支配 柳井俊二などがあります。

 

人治主義と人の支配

人治主義」 という言葉が「人の支配」とほぼ同義で使われていることがあります。

法の支配と法治主義は異なるということは触れましたが、人治主義がどういう関係にあるのかは不明です。

そもそも法治主義という言葉の定義はなく、法治国家の要素として叙述されています。

「人治国家」という言葉は定義としては存在せず、法治国家ではない国という揶揄の意味合いで用いられるわけですから、人治主義という内容が人の支配とどういう関係なのかというのは意味の無い話です。

やはり国民の敵である小西洋之

そもそも一般的な意味での法の支配の対義語を聞いていると考えるのは、国会質疑という場面を考えると意味不明なので、それを聞いていると解釈することはできません。

しかも小西洋之議員自体が「安倍総理が言う法の支配」と限定しているのですから。

テレビがほとんど放送しないのは、あなたのデマが大拡散されるからですよ。

以上