事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

イチローが「韓国はニンニクのにおいがする」と言った理由

f:id:Nathannate:20190323183224j:plain

 

昨日名言と迷言を残しながら引退記者会見を終えた元イチロー。

イチローが「韓国はニンニク臭い」と言ったと言われ、なぜかそれをベースに「右翼だ!」とSNSで非難されています(元から右翼(ライト)だから当たり前だろ)

どういう意図で言ったのかを書いてある媒体を見つけました。

イチロー「韓国はニンニクのにおいがする」の場面

1997年の蚕室球場で開かれた日韓プロ野球ゴールデンシリーズに関連した発言のようです。10月31日に記者会見が行われたので、その際に発したようです。

この報道の初出は11月1日の記事のようです。

見つけられたのは東亜日報のものでした。

宣銅烈選手とのコミュニケーションと復帰の理由として?

[프로야구]오만한 이치로…『한국 마늘냄새』 망언

彼は「韓国に初めて来たが、ニンニクの匂いがとても出る」と声を発して激しい非難を買った。非難の世論を意識した様子のイチローは「7月の日本のオールスター戦で、私は宣先輩(※注:宣銅烈選手と思われる)の口からニンニクの臭いがしたことが忘れられなかった。その宣選手が復活した最大の要因は、ニンニクの効果なのだと思ったので、フレンドリーな意味でそう表現した」と言い逃れた。<ギムホソン記者>

宣銅烈(ソン・ドンヨル)選手とは、韓国プロ野球から日本球界へ移籍した最初の選手でした。

しかし、最初のシーズンの1996年は不本意な結果に終わったようで、再起をかけてオフを返上してまで取り組んだのが1997年のシーズンだったようです。

韓国に足を運んだことが無いイチローにとって、宣銅烈選手のイメージがすなわち韓国であるというような印象を持っていたのかもしれません。

日本のオールスター時にその宣銅烈選手の口からニンニクの臭いがした、ということで、そこから活躍のきっかけになったのかとイチローが思ったとして、そのイメージが強烈で韓国のイメージになった、ということになりそうですが…ほら、ニンニクパワーって言うじゃないですか。

しかし、なんだかこれだとイチローの誤った思い込み感が否めません。

実は、別の理由づけをしている記事がありました。

西洋人風のジョークとして?

こちらは2016年の記事なので、時間がかなり経っています。

[조희준의 이런 야구]이치로와 마늘 논란 : 네이트 뉴스

이치로는 원래 인터뷰를 할 때 농담으로 웃음을 유발하며 자연스러운 분위기를 조성하는 사람이다. 그는 일본에 처음 입국하는 서양인들이 흔히 하는 "간장 냄새가 난다"는 조크에 비유해 마늘이라는 단어를 꺼낸 것이다. 그러나 이런 사정을 제쳐놓고 그의 마늘 발언만 놓고 보면 한국을 비하하는 뉘앙스로 비쳐진 것도 부인할 수 없는 사실이다.

イチローは元々インタビューで冗談で笑いを誘発し、自然な雰囲気を作る人だ。彼は日本に初めて来る西洋人がよく言う「醤油の匂いがする」というジョークに例えてニンニクという言葉を使ったのだ。しかしこの事情を抜きにして発言だけを取り上げれば韓国を卑下する風に映る事も否めない事実である

先ほどの理由づけと違って、 ある類型のジョークの一種としてニンニクを取り上げたのだという説明になっています。

たしかにこの説明ならイチローのインタビューにおけるお約束感を踏まえてますし、それなりにありえると思える理由づけではあります。

しかし、さきほどの宣銅烈選手の話はどこへ?という疑問は残りますが。

僕おかしなこと言ってますか?

もしかしたらこれは「ご当地あるある」みたいな感覚で言っていたのかもしれません。

日本だと何でしょうね?「魚のにおいがする」とかになるのでしょうか?それはいいのか悪いのか微妙ですね(笑)。漁師の家庭である幕の内一歩(はじめの一歩・講談社)みたいに「魚臭ぇ」といじめられる絵が浮かぶ人も居るのでは。

海外だと「ドリアン」とか「パクチー」とか。

においが強いものは記憶に残りやすいので、印象として正直に語ろうとするとついつい出てきてしまうのかもしれません。ただ、それがニンニクなどの匂いというよりは臭いの部類になりかねないものについては、ご当地ネタだったとしても誤解されるおそれがあるので一考するべきでは?と思います。

それにしても、「マッコリのにおい」とか言ってればみんなニッコリホッコリしてたのにぁと思うのです。

そもそも本当にイチローはニンニクと言ったのか?という疑もあるので日本の報道を後日調べて違いがあれば追記しようと思います。

以上