事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

韓国が「証拠」の写真画像を公開:P3C哨戒機低空威嚇飛行捏造問題

f:id:Nathannate:20190124183501j:plain

日本のP3C哨戒機が韓国艦艇「大祚栄」上空を低空威嚇飛行したと主張される問題。

韓国が証拠の「画像」を公開しました。

映像ではありません。画像です。

相変わらず突っ込みどころ満載です。

韓国国防省には「証拠画像」の該当ページ無し

대한민국 국방부

今のところ、韓国の国防省のHPには、「証拠写真」は公開されていません。

「低空飛行が明らか」とまで言っていたのになぜ公開しないんでしょうね?

 ツイッターとフェイスブック等でしか確認できないのですが。

P3C哨戒機の実際の高度と「大祚栄」との距離は…

f:id:Nathannate:20190124183501j:plain

P3C哨戒機の大きさの規格から判断可能ですね。

P3C哨戒機は幅30.4メートル 全長35.6メートル 高さ10.3メートルです。

この画像に収まる範囲で言えば、P3C哨戒機と画像下端までの距離は約70メートルと言えそうです(笑)

しかし、海面や韓国艦艇までの本当の距離はこの写真からは不明です。

ただ、実際はもっと高い高度を飛行していたということは明らかでしょう。

明らかに150mの飛行をしていたという日本の主張が相対的に正しいと分かります。

この画像以外にも4枚の画像を公開していますが、海面を映したものはありません。

韓国が「証拠」の写真公開 “低空威嚇飛行”問題 TBS NEWS

なお、ポールは大祚栄艦のアンテナです。

動画・映像は?

韓国は動画については「急いで撮ったため短い」として公開には消極的とのことです。

これはありえない言い訳です。

威嚇飛行:再発防止求めるも6日間で3回「日本の底意を疑わざるを得ず」-Chosun online 朝鮮日報

大祚栄は日本の哨戒機による接近飛行に20回余りにわたって警告通信を行った。大祚栄は「貴軍は韓国側に接近している。経路を離脱せよ。これ以上接近すれば自衛権的措置を取る」と警告したが、哨戒機は応答することなく、約35分にわたり大祚栄の周辺を旋回したという。

20回も警告通信を行う余裕があり、35分も旋回していたということです。

なぜ動画が撮られてないのでしょうか?

「映像が短い」というのは意味不明でしょう。

しかも前回は海警庁からの短い動画を公開していたのに、矛盾行動が極まっています。

低空威嚇飛行への警告の呼びかけ無視の証拠は?

20回余りにわたって警告通信を行ったというなら、韓国はその際の映像なり音声は公開しないのでしょうか?

自衛隊トップが“威嚇飛行”を否定「韓国側は冷静な対応を」 | NHKニュース

韓国軍が23日、自衛隊機による威嚇飛行があったと発表したことについて、自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長は、24日の定例会見で、距離は1000メートル以上離れていたとして韓国側の主張を否定したうえで、「冷静な対応を求めたい」と述べ、現場の緊張感を高めないことが重要だという考えを示しました。

この中で、河野統合幕僚長は、韓国側が高度60から70メートルの低空で自衛隊機が威嚇飛行をしたと主張したことについて、「自衛隊の飛行記録では、高度が150メートル以上、距離は1000メートル以上離している」と述べ、韓国側の主張を否定しました。

また、韓国側が無線でおよそ20回、警告したものの自衛隊機から応答がなかったとしている点についても、「呼びかけに対し、国際法などにもとづいて安全な距離、高度で飛行している旨の回答をしている」と述べ、自衛隊側の対応に問題はなかったと説明しました。

日本は 「低空飛行」も「威嚇飛行」 も「呼びかけ無視」の事実も否定しています。

日本側は適切に応答したのですから、日本側にも交信時の音声の証拠があるわけです。

韓国側が音声の「証拠」を出してこないのは自明の理でしょう。

韓国側が韓国側の音声を公開したら、それに対して応答していた証拠を日本が出すのでバレますからね。捏造音声を公開しても同じです。

まとめ:「低空威嚇飛行捏造問題」が発生

今回の事案は「韓国による日本哨戒機が低空威嚇飛行をしたとする捏造問題」「韓国による日本哨戒機が無線交信に応答しなかったとする捏造問題(しょーもない)」です。

なんか、日本の防衛省や政府関係者は呆れてる感じがしますが、ここで「札束でぶん殴る」くらいやらないとダメでしょう。

この程度ならわざわざ飛行記録等を日本が公開するまでもなくよさそうな気がしますが、息の根を止めて欲しいという気持ちが少しあります。

以上