事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します

韓国レーダー照射論破集2:北朝鮮船と韓国艦船は何やってたの?

f:id:Nathannate:20190110143031j:plain
韓国によるレーダー照射事件についての論破集です。

まじめに相手をしてはいけません。第三者に働きかけましょう。

韓国の言いがかりに対して反応するだけではなく、こちらからの仕掛けについて書いていきます。

北朝鮮遭難船に対して韓国艦船が2隻:何をやってたの?

日本が外部に対して主張するべきはこれですね。何してたのか?

当然韓国は「遭難船に対する人道的な救助活動」と言うでしょう。

それに対しては

  • SOS無しでどうやって遭難船に気付いたのか?
  • なんで大型艦艇2隻も居たのか?
  • なぜ日本側に急難要請をしなかったのか?

こうした疑問を韓国相手に言うことは当然「外向け」にも発信したら良いのでは?

実際、海上保安庁は北朝鮮遭難船(と目される)船からSOS信号を受けてないようです。

自民党の会合での「国連安全保障理事会に諮るべき」の意見に、韓国国防省は困惑|グローバルニュースアジア -Global News Asia-魚拓はこちら

いわゆる瀬取り説はありえないと思われるが

私は「いわゆる瀬取り説」はありえないと思っています。

陸続きの南北が、わざわざ日本の能登半島沖の領海に近いEEZで石油の受け渡しをする合理性は無いですからね。

小さいオンボロな漁船で給油したとして、北朝鮮に安全に帰れる保証もないです。

それに、韓国の大型艦艇2隻を使ってまでやるのは、割に合わないでしょう。

もっとも、読売新聞はNBCを引用して瀬取りがありうるかのような態度ですが…

北の「瀬取り」巧妙手法、制裁監視網かいくぐる : 北朝鮮 : 読売詳報_緊急特集グループ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

NBCニュースによると、米軍は今年9月以降、日本などと連携し、艦艇や航空機による瀬取りの監視を強化してきた。これに対し北朝鮮は、朝鮮半島から遠く離れた海域や、他国の領海内での密輸取引を行うことで監視を逃れているという。発見されにくい小型船舶の利用も増やしているとされる。

このニュースは「他国の領海内」というのがどこかを指してません。

韓国の領海や、中国の海域、ロシア海域だとしたらあり得る話ですよね?

「小型船舶」というのは、もっと高度な乗り物でしょう。 

こうした「いわゆる瀬取り説」はありえないという立場であっても、韓国艦艇2隻がなぜ日本近海に居たのか?北朝鮮船舶の救助について説明しろ、と言うことは、何らおかしなものではありません。

なお、坂東さんのように「いわゆる瀬取り」でも救助活動でもなかった可能性を主張している方も居ます。 

相手を論破せず、第三者に訴えろ

メンタリストダイゴ氏の分析はバカにしてはいけません。

  • 政治に関心がある人間は少なく、一般人は直ぐに忘れる
  • 100%悪い奴はそのままだと良くて0だが反論すると+になる可能性がある
  • 興味が無い第三者が騒動の当事者を見ると「どっちもどっち」になりやすい
  • よって、問題が長期化するほど悪いやつが有利
  • 相手を論破するのではなく、その周囲を味方につけろ

「相手ではなくその周囲に働きかける」という視点が重要です。

この視点が日本に欠如している旨の指摘をしているのはダイゴ氏だけではありません。

ツイッターでも、デマを拡散する者に対してエビデンスを示しても更生しませんよね。

それと同じで、争っている相手であって、聞く耳を持たない者に直接対峙するのは正しい方が損をします。

相手に直接働きかけるのではなく、第三者に響くように発信するべきですね。

まとめ:「論破」するな。

論破集を作っておきながら結論は「論破するな」です(笑)

ここで、第三国の人に働きかける者が居ると思います。

ただ、外国語が不得手な日本人が喚いているように見えるのは逆効果です。

日本人は1対1を重視しすぎます。

「第三者に訴えて自分が有利になる」

この視点がなくて日本は戦前に苦労しました。いや、今も苦労しています。

似たような話は日本国紀にもあります。歴史の教訓から学ばないといけませんね。 

以上