事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

大村知事、あいちトリエンナーレ後のツイートを削除

f:id:Nathannate:20190812102345j:plain

愛知県の大村知事があいちトリエンナーレ開催以降のツイートを消して逃亡しました。

大村知事、あいちトリエンナーレ開催以後のツイートを消して逃亡

f:id:Nathannate:20190812102615j:plain

大村秀章 (@ohmura_hideaki) | Twitter

現在表示される直近のツイートは8月1日のものになっています。

本来は8月5日頃まで、あいちトリエンナーレの今後の予定や、その他のイベントの発信などもしていましたが、それらを全て削除したことになります。

消されたツイートたち:津田大介とのツーショット、KPOPなど

大村知事のトリエンナーレツイート消し

大村知事のトリエンナーレツイート消し

大村知事のトリエンナーレツイート消し

大村知事のトリエンナーレツイート消し

消されたツイートの中には、トリエンナーレに関係するもの以外のツイートも含まれて居ました。

リプライ欄に大量の批判的ツイートが付けられていたものがあったため、それら共々削除したということでしょう。

まとめ:表現の不自由展に関するツイートは元々無い

大村知事のツイートには、表現の不自由展の事件に関するツイートは元々無かったハズです。トリエンナーレは今後も続きますし、それ以外の情報発信もしていたのに、それすら削除するというのはどういうことでしょうか?

最大限、善意解釈するとすれば「関係の無いツイートにまで表現の不自由展に関する批判的ツイートがついているため、本来の発信の趣旨と異なる効果になった。関係する企業等にも迷惑がかかる」ということでしょうか?

しかし、公的な立場の人が行為する以上、削除の理由もツイートするべきではないでしょうか?今の所、なんらの説明もありません。

「批判の声が無かったことにしたい」「批判は聞かない」

流石は実行委員会会長として「表現の自由」を叫んできただけのことはありますね()

以上