事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します

Twitter:ツイートのサムネイル画像変更が反映されないときの対処法

f:id:Nathannate:20190126150329j:plain

ブログ記事をシェアしたけどサムネイル画像を変更した。でも変更が反映されない。

この場合の対処方法を整理します。既にシェアした記事も変更可能なものです。

報道機関が本文修正をツイッターカードに反映していない場合にも有効です。

Card validatorで記事URLを入力するだけ

f:id:Nathannate:20190128120457j:plain

https://cards-dev.twitter.com/validator

ツイッターのデベロッパーツールで"Card validator"というものがあります。

そちらにサムネイル画像(ツイッターカード)を変更したい記事のURLを入力して"Preview card"を押せば完了です。

新しいサムネイル画像を設定したものが表示されるようになります。

少し待つとツイートのサムネ画像の変更が反映される

この作業を行っても反映されないという場合は、時間が経っていないだけという場合が考えられるので、少し待ってからブラウザの表示を更新してみましょう。

早いときは数秒後には変更されてます。

他人の記事にも変更が反映される

報道機関が当初の記事からタイトルや説明文を変更しているのに、ツイッター上のツイッターカードに表示される文言は変更前のものが放置されていることがあります。

このような場合でも、読者の側が記事URLをCard validatorで入力すれば、変更後のものに修正されます。

自分の記事のインプレッションを見てる人は気づいてると思いますが、けっこう、見出しだけ見て判断して記事本文を見る人は少ないです。

見出し詐欺に騙される人が多いので、「これはよくないな」という記事が修正後もツイッターカード上の情報に変更を反映させていない場合にはこの機能を使ってあげるというのも良いでしょう。完全にボランティアですが。

ディスクリプション(説明文)も変更

サムネ画像だけではなく、記事のディスクリプション(説明文)も変更されます。

画像が思った以上にずれたり説明文を修正したいというときにはブログ側で変更後にCard validatorを使えばいいでしょう。

まとめ:当該対処法はツイッターにログインする必要

Card validatorはツイッターユーザーに提供されているツールです。

なので、利用するにはログインする必要があります。

以上