事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

「このツイートは表示できません」ツイートが表示されない原因と対処方法

ツイッターの不具合

「このツイートは表示できません」となっている原因はツイッター全体の不具合かもしれません。

※2020年10月16日の障害に関連して検索されてる方が多いので以下で整理

【2020年10月16日】Twitter障害について:「通知はまだ届いていません」

「このツイートは表示できません。」という表示

「このツイートは表示できません。」という表示は突然出現します。

この表示になる場合として

  1. 当該ツイートが通報されている
  2. ツイッター側から不適切と判定されている
  3. ユーザの設定によって表示されないようになっている

これらの可能性が考えられます。

シャドウバンされていないか調べる

「最新のツイートしか見えず、それ以前のツイートは存在しないことになっている」ような場合は、「シャドウバン」の一形態なので、そのアカウントがピンポイントで対象になっているということです。

Twitter Shadowban Testで自分のアカウントのチェックができます。

先にこちらを調べると絞り込みができると思います。

旧UIの時のまとめですが以下で書いています。

ツイート自体はTLからも閲覧可能、リプ欄から元ツイートが見えない

このツイートは表示できません。

このように、ツイート自体は当該アカウントのトップページ等から閲覧可能であるが、リプ欄から元ツイート側に辿ろうとすると閲覧できないようになっているという状況です。

この場合はユーザ設定ではなく、別の可能性と考えるべきだと思います。

ユーザー設定のプライバシーとセキュリティ⇒セキュリティの項目で

  • センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する⇒チェック
  • ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する⇒チェックなし

このようになっているにもかかわらず非表示になっている場合には、ユーザ側の設定の問題ではないということになります。

ツイッター全体の不具合が原因かもしれない

結局、ツイッター全体が何らかの不具合が起きていて、その影響で無差別にそうなっているだけである、という可能性があります。

ツイッター全体の不具合であるかどうかを判別する方法としては、ツイッター検索窓に「このツイートは表示できません」や「ツイート 表示されない」などで検索をかけて、近いうちに多数のユーザが同様の悩みを訴えているかどうかを調べることだと思います。

今回(2019年12月27~28日)も、多くのユーザにおいて表示されないことを呟く人がいらっしゃったので、そういうことだと思います。

リンクを貼っているツイートが対象かもしれない

ツイートが表示されない原因と対処方法

今回の事象に遭遇したユーザを調べたら【そのほとんどが元となるツイートにリンクを貼っている】ということに気づきました。

あるユーザのリンクを貼ったツイートが非表示になったら、それに紐づいているそのユーザ自身のリプライも全て非表示になるということかもしれません。

まとめ:対処法は「待つ」しかないかもしれない

実は27日の夜に私がシェアしたツイートのリンク先に遷移しようとするとツイッターの警告画面になるということがありました(それは一時的ですぐに警告画面はなくなった)。

おそらくこの頃のツイッターはそういう状況なんだろうと思います。

今後も同様の事象があれば、単なるツイッターサービス全体の不具合であるということで、「待つ」ということが最良の対処法なんだろうと思います。果報は寝て待て。

以上