事実を整える

Nathan(ねーさん) 法的観点を含む社会問題についても、事実に基づいて整理します。リンク切れに備えて魚拓を活用しています。

水間政憲のブログでの青山繁晴パクリ認定が完全に的外れだった件

f:id:Nathannate:20190524003038j:plain

5月22日に青山繁晴議員が旧皇族の男系男子について質疑を行ったことにより、従前、水間政憲氏が青山議員を自身の「パクリ」と主張していたことが完全に誤りであることが確定しました。

水間政憲のブログでの青山繁晴パクリ認定

経緯は以下で論じていますが改めて簡潔に書きます。

水間政憲が青山繁晴をパクリ非難:旧皇族の東久邇宮家の男系男子という事実について

DHC虎ノ門ニュースでの青山繁晴議員の発言

4月1日のDHC虎ノ門ニュースにおいて青山繁晴議員が以下発言しました。

  1. 悠仁親王殿下と同年配の男子の方が旧宮家に少なくとも5名居る
  2. 青山繁晴氏が独自に調査した
  3. 宮家の名前は虎ノ門ニュースでは言えないが、独立講演会では言うつもりである

この発言に対して水間政憲氏が「パクリ」であり「ビジネス保守」と言いました。

水間氏のブログでの指摘

水間氏の主張は以下でした。

  1. 平成31年3月20日に大塚耕平議員が東久邇家に旧皇族が居る事を質疑で話した
  2. それは水間氏が大塚耕平議員にレクチャーをしたから
  3. 旧皇族である東久邇宮家の男系男子については2017年3月17日に発行された水間氏の著作において書かれており、青山氏の言う5名と一致している
  4. この書籍発行前に東久邇宮家に男系男子がいらっしゃることについて詳しく言及した者はいないので初出は自分である
  5. よって、青山氏はパクった挙句、大塚耕平議員の国会質疑で公知のものとなったハズであるのに、それを自分の講演会で金儲けのために利用している

この主張は当時から無理がありました。

事実に著作権なし、独自取材の可能性が十分にある

系図は事実なので、それ自体に著作権はありません。

青山氏は2009年の時点で関西テレビスーパーニュースアンカーにおいて年齢も含めた旧皇族の男系男子の存在を発言していました。

また、平成17年以前の時点で複数の論者が旧皇族の系図を作成していましたし、竹田恒泰、西尾幹二らもどの宮家に何人の男系男子がいるのかということは把握していました。

「水間政憲が東久邇宮家の男系男子を発見したから青山繁晴はパクリ」?⇒保阪正康氏らが既に取材してました
水間政憲「天皇家と東久邇家を横並びにした家系図が存在していなかった」⇒平成10年に所功が書いてました

さらに、青山氏の5月22日の質疑によって、水間氏の主張が完全に誤りであるということが確定しました。

青山繁晴パクリ認定は完全に的外れだった

【旧皇族・旧宮家】「15歳以下の男子が5人、20代前半の男子が2人」青山繁晴議員の質疑

上記記事で青山氏の質疑の関連部分を書き起こしており、そこから抜粋します。

旧皇族・旧宮家の男系男子は15歳以下が5人、20代前半が2人

令和元年(2019年)5月22日の参議院決算委員会

すなわち、現在の旧宮家の中に皇位継承者となっていただけるような男子は現実にどれほどいらっしゃるかを知らないと議論がこれ以上できないです。したがってこの決算委員会の質問の機会を頂くのはかなり前から、余裕をもって頂きましたので政府機関の協力も得て調べました。

旧宮家の方がたは、もう一度申しますが、現在一般の暮らしをされていますから、たとえばプライバシーの尊重にも十分な配慮を致さねばなりません。

あくまでその範囲で申せば悠仁親王殿下とあまり年代がお変わりない、すなわち15歳以下の男子の方がた5人がいらっしゃると承知しております。さらに20代前半の男子の方がたがお二方いらっしゃって、少なくとも7人の方がたについては、もしも皇統譜にお戻り頂ければ皇位継承者となり得るということが考えられると思います。

「少なくとも7名」の男系男子が存在していることが政府機関の協力を得て調べた結果、把握できたということを明確に言っています。

水間氏はどう言っていたのか、どう著作に書いていたのか?

水間氏のブログ「東久邇宮家に悠仁親王のまた従兄弟が5名」

水間氏は東久邇宮家の信彦氏の息子一人、壬生伯爵に養子に出て行った秀彦氏の息子二人、眞彦氏の息子二人、を挙げて(名前の記載はなし)、「悠仁親王殿下のまた従兄弟」、「悠仁親王殿下の同年配」と言及していました。

しかし、少なくともそのうちの3名は現時点で45、39、38歳です。

どう考えても青山氏と同じ人物を指していません。

また、青山氏は従前から「少なくとも」5名と言っていたので、前の発言と齟齬があるわけではありません。

このように、水間氏の主張は完全に破綻していることが確定的に明らかになりました。

まとめ

青山氏は最新の情報を元に発言していたということが分かりました。

そのため過去の各所での発言と人数が異なっていても何もおかしな話ではありません。

水間氏の主張に悪乗りしていた人たちも、いいかげん気づくべきです。

以上